.

伊勢神宮〜那智勝浦編<紀伊半島一周旅>

前日夜までまで迷ってた。
2日目の最終目的地は那智勝浦。
高野山から来た道戻って反時計回りに南下するか、そのまま東に向かい伊勢神宮によって時計回りに南下するか。。
kiimap.png 

高野山で一泊してるので残りの行程はまだ長い。

個人的に「伊勢神宮」は行ってみたい所の一つではあるがこんなついでのような感じで行っていいものだろうか?でもせっかくここまで来たのだからついでに行ってみたい。
しかし高野山のお寺に行ったあとに日本の ”キングオブ神社” に行ってもいいものだろうか。
いくら多神教の日本人といえども一貫性がないような。
いや、なによりも本音を言うと伊勢神宮まで遠い。
やめよう、伊勢神宮はまた伊勢神宮だけに改めて参ろう。伊勢志摩にも行ってみたいし。
伊勢神宮やめて逆に那智勝浦に早く着けば  ”ホエールウォチング” に行けるかもしれない!
OK! 自己解決。

結果をF君に伝える。
地図をを見せ、
「今回時間もないし明日だけで伊勢神宮経由で那智勝浦まではキツいよね?」
「こんなん行けるんとちゃうん?」
「高野山のお寺行ったあとに伊勢神宮参るってのもどうよ?」
「全然大丈夫ちゃうん?」
いずれも即答。
物事を深く考えるという習性を持たないF君の「ちゃうちゃう」二連発で伊勢神宮行き決定!関西人最強!


翌朝。
宿坊のチェックアウトを済ませ車に乗ろうとするとF君当然のように助手席に座ってる。
あっ、オレなのね??・・運転w。。
てっきり「こんなん行けるやろ」とか言ってる奴が運転するもんだと思ってたわw
かなり山道続きでけっこう疲れそうだけどね〜、、、
一応、オレ先輩だけどね〜、、、、
「ワイ、高速になったら運転代わりますんで」って、お前なw・・・


ま何はともあれ出発。
やはり山道を下っては登っての繰り返し。直線が全くないけっこうな急カーブの連続がつづく。時間もないので普段は安全運転の私ですがそこそこ飛ばす。
「酔わない?」
ふと横を見る、

・・・・シート倒して寝てるしん。。。

けっこうなグネグネ道でかなり "横G" がかかってると思うが、、、
キミはいったい何者?
物事に動じず全てを達観した偉いお坊さんに見えてきたわw


山道を下ってる途中、バックミラーを見ると後ろからすごい勢いで赤色灯を回したパトカーが追って来た。あちゃーやってしまった。狭い道なので少し走って待避所のような所に停める。パトカー、ハザードで挨拶して追い越して行った。あ、ただ先を急いでただけなのね。びっくりした。よく考えてみたらこんなウネウネの下り道スピード違反できるくらいの運転技術もってないわw
それにしてもパトカーはあっという間に見えなくなってしまったけどパトカーの人たちはそういう技術を持ってるんだろうな。


山道を抜け奈良県に入ったようだ。
道沿いの看板を見て、
「そういえば奈良って "柿の葉寿司" が有名やから食べへん?」とF君が言ってきた。
いいこと言った!F君今回の旅で初めていいこと言った!!食べよう食べよう。ちょうどお腹も減ってきた。先を急ぐので持ち帰りで買って食べようということに。
吉野川沿いを走っていたので、
「どこか景色のいいとこでも停めて食べようか?」
「え、車走らせながら食べるんとちゃうん?」
「オレ、ゆっくり食べれないね?」
「・・・・・」

結局そのお店の駐車場で食べる。
IMG_7227.jpg  IMG_7229.jpg
さばとサーモンの寿司が柿の葉で包まれている。
これめっちゃおいしい!
シメたさばの酸味がからだにしみてく。
とまらなくなり一気に食べあげた。


山を3つか4つくらい超えたのだろうか?もう山道は見たくない。
やっと「伊勢」という標識が見えてきた。

駐車場に入ろうとする車が車線一つ潰して並んでいる。
平日とはいえまだ夏休み。お盆休みをずらして取ってる人も多いのだろう。
やめようか、言いかけて飲み込んだ。せっかくここまで来てその選択肢はない。
有料だが市営の駐車場に入れた。

”おかげ横町” は混んでいる
IMG_7235.jpg 


・内宮
宇治橋前の大鳥居で一礼し、正宮でお参り。
IMG_7237.jpg  IMG_7249.jpg
伊勢神宮の正式名称は『神宮』。キングオブ神社なので〜神社のような地名はつかない。
真ん中を歩ってはいけない。真ん中は神様の通り道。
伊勢神宮には”おみくじ”がない。伊勢神宮に来たこと自体が大吉なのだ!

また改めて来るつもりなので今回はさっとで。


内宮を出て、

おかげ横丁でお約束  "伊勢うどん”
IMG_7257.jpg 
ブニョブニョして美味しくないという話も聞いていたが、自分は美味しく感じた。
コシのあるうどんが良いがこれはこれでおいしい。
コシがなくなるまでぐにゃぐにゃに煮るのは長旅で疲れた参拝者の胃に優しいように、だとか。



内宮〜外宮ってすぐ近くかと思ってたら少し距離があるようだ。
車で外宮へ。

・外宮
前の無料駐車場に停められた。
内宮の雰囲気とは違って静かだし人もまばら。
おかげ横町みたいなお店屋さんもないからこっちは静かなのだろう。
IMG_7261.jpg IMG_7263.jpg IMG_7271.jpg 
さっきからみてるとF君、内宮でも外宮でもまったく一礼もしないし、手も清めない、お賽銭もやらず、お参りも一切しない。
神をも畏れぬやつ。キミはいったい何者?
そこまで頑なにやらないのはなにか確固たるポリシーがあってのことなのか?
伝統や形式なんかくそくらえのパンクなアナーキストなのか?
それともただの無知で無礼な輩なのか?
今度F君のおごりで飲みながらゆっくりそのへんのところを聞いてみたいもんだ。

曇天空がゴロゴロ鳴り出してきた。
高い建物がなくだだっ広い所なのでけっこう響く。
車に乗り込んだ頃にちょうど雨が落ちてきた。
街中を走ってる頃には音を立てて激しい雨が降り殴ってきた。
あっという間にちょっとしたくぼ地ではタイヤの1/3くらいまで冠水してきた。


下道で那智勝浦へ向かう。
IMG_7277.jpg  IMG_7283.jpg IMG_7284.jpg やはり海沿いの道は気持ちいい!

去年の ”瀬戸内一周旅” では宿は決めず行き当たりばったりで健康ランドに泊まったり飲んでそのまま車中泊したりしてたが今年はちゃんとホテルを予約しておいた。ただそのため時間を逆算して行動しなければならずせかせかしてしまう。これがなかったら伊勢志摩あたりに泊まってたろう。やはりこんな旅では時間に囚われず宿も決めずに気の向いたとこに泊まる方が向いてるのかもしれない。泊まるとこなければ車で寝ればいい。


那智勝浦に入る。
世界遺産の『熊野古道』や「那智の滝」とか「紀の松島」などの名所がある。
そして”南紀勝浦温泉”という温泉地でもある。

目的のホテルに着いたのは午後6時過ぎ。
晩御飯まであと15分あるらしい。
荷物を降ろして急いでひとっ風呂。

このホテル、
部屋は広くてきれいでベッドは広々ダブルが2つ。
しかもお風呂は温泉でなんと”源泉かけ流し”。
それでいて税込¥5,500。
素泊まりではないですよ。1泊2食付き。
今のところ安い要因が見当たらない。
おそらく食事は期待できないだろうからさっと食べて外でマグロとかクジラとか美味しいものを食べに行こうとF君と話していた。

ビールを注文し、どんなご飯が出てくるのかと待っていたところ、

な、なんと、マグロの盛り合わせが!
IMG_7289.jpg

けっして豪勢なわけではないが、このマグロがまたとても美味!!
さすがマグロの町・勝浦。
追加でタコやらなんやらを注文し地元の酒も飲んで大満足。


部屋に戻るとF君は早々にバタンキュー。
昨日から何の罰なのかF君原因不明のジンマシンが出たり引っ込んだりしてかなり疲弊してるらしい。
おそらく高野山や伊勢神宮などの神々しいところへ行ったことによってF君のヘドロのように固まっていた悪いモノが一気に吹き出してきているのだろう。映画の『エクソシスト』で神父が聖水をかけると少女の中の悪霊がもがき苦しんで出てくるように。
私は心がもともと澄んでいるので、より清く、四万十の水面のようにますます光り輝いているのでした。ナンチャッテ  (^^;;


退屈なので一人でぶらっと外へ。
ここは駅の近くなので周りは多少繁華街ぽくなっているらしいが、わー真っ暗。
少し歩くと港にでた。
IMG_7294.jpg
和歌山ラーメンの屋台があるがお腹いっぱい。
お店などはそこそこあるみたいだがほとんど閉まってる。
飲み屋さんぽいお店も数件ある。バーやあやしげな場末のスナックも。
おもしろそうなので一瞬入ってみようか迷ったが・・・
昔なら好奇心で入ってたろうw今はリスク回避の方が大事だからやめておこうw

コンビニでお酒とつまみを買う。F君が起きてきた時のためF君の分も。

それにしてもこのホテル、しつこいようだが、
お風呂は温泉で源泉掛け流し、部屋も広くてきれいでベッドはダブルが二つ、エアコンガンガン、ご飯はマグロづくしで美味しい、立地は駅の前。
いまだに安い理由が分からない。
強いて言えば海が近いので、部屋から ”オーシャンビュー” を謳ってるホテルも少なくなかった。
ここは部屋からの景色がないのと、あと思いつくのは露天風呂がないことくらいか?
だとしてもそんなホテルはほかにもいくらでもあった。
はは〜ん。でるな。おばけ。それしか考えられない。
買ってきたお酒をひとりで飲みながら結論に至った。

結局F君は起きてこず残してもしようがないのでF君分のお酒と、F君の大好物のベビースタラーメンも平らげて寝た。




(T)




  1. 2017.09.11(月) _20:46:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<太地町~潮岬~南紀白浜<紀伊半島一周旅> | BLOG TOP | 高野山編 vol.2<紀伊半島一周旅>>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP