.

ダリってダリだ?

ダリがらみでまだまだひっぱるZORKです。

日本では過去最大規模のダリ展が開催中のためか、この秋ダリ特集の本が多く出版されてました!!
IMG_2542_20161114190923a8f.jpg

昔は解説文が私には難しかったりする事が多かったのですが、ここ数年の傾向としては、わかりやすいんです!
親しみやすいイラストを使ってくれたりも(*^_^*)

そしてダリとガラの関係も、昔はガラはダリのミューズという部分だけがど〜んと出てて、ガラのダークな部分はさほど解説されていませんでした。
あってもサラッと短い文章のみ。
ところがところが時代も変わり、ガラのいろんな事がこまか〜〜く書かれるように。
そういう部分、知れば知るほどダリが不憫で・・不憫で・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
でもダリにとってガラはやっぱり永遠のミューズだったんですね〜・・。
”ポルトリガトの聖母”のように、ダリを包み込む存在であって欲しかったのでしょう・・。

”ガラリーナ”というガラを描いた絵があります。
油彩ではなく、私は鉛筆で描いたものを以前のダリ展で初めて見ましたが、もの凄いインパクトがあったのを覚えています。
ダリの画で好きなの5つあげます、と言われたら欲しい作品のひとつです!
鉛筆でこういう風に表現できるのね・・・。
しかも実際のガラよりちょい若めに描いてくれてるダリ +゚。*(*´∀`*)*。゚+ 愛ですね。


横尾忠則さんがスペインでダリとガラに会った時の様子もかなり詳しくでています!
以前、私が読んだものではもっとあっさりとした内容でしたが、今回は描写が具体的。
興味津々で読ませていただきました!


(S)



  1. 2016.11.17(木) _07:13:00
  2.  コメント:0
  3. [ edit ]

<<尊敬します! | BLOG TOP | メイ・ウェストの部屋>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP