.

アンコール・ワットへのみち

IMG_2477.jpg

今回初めて行ってまいりました、東北歴史博物館!!
多賀城の方にあるのですね。

雨が降ったりやんだりのあいにくの天気。
そんな中にど〜んと博物館、立派でした!
晴れていれば外観をもっとじっくりと見たかったです・・・。

この特別展、来週で終わりのせいか、思っていた以上に人が沢山!
ご年配の方から学生さんまで。
大賑わいです。


会場の中には約100点にもおよぶ石彫像がずら〜〜〜っと並んでいます。
全てを見ている宇宙創造の神様、顔が4つあるブラフマー。
この世を維持する神様、ヴィシュヌ。
破壊、創造の神様、シヴァ。

シヴァは私でも知ってる!知ってる!第三の目をもってるお方。
でも、あの有名な象の頭をもつガネーシャのお父さんとは知りませんでしたー。
しかもガネーシャのあの頭、シヴァが切り落としてしまったので後付けで象になったとか・・・。ひどい話だわ・・・。
まぁ、諸説あるようですが。

女性像も沢山あるのですが、まぁ〜!羨ましいウエストの細さ・・・。
スタイル抜群でございました。

IMG_2476.jpg


アンコール彫刻の時代により移り変わっていく変遷のみちを分かりやすく展示していました。

後半、ブッダフィーバーで、ものすごい数の仏陀が登場しますが、その彫刻の細かさが凄かった。



特別展以外にもテーマ展示コーナーがあったり、総合展示室も立派でした。
総合展示室は旧石器から近代まで、東北地方全体の歴史をわかりやすく時代別に展示してます。
ただ私、特別展を見てからの流れだと、順路逆で見始める事に・・・。
ま、それはそれで面白かったですよ。

村におけるワラの神々というテーマでは、東北地方のワラを使った様々な神様が展示されてます。
なかなかの迫力。そしてちょっと怖い。
秋田には有名なナマハゲがありますが、同じ秋田でも地域によってはヤマハゲというのもいらっしゃるようです。
これはお面をつけてはおらず、顔もワラ。
オスは1本、メスは2本の角をこれまたワラで作ってます。
実際の映像も見れるようになっていて、”悪魔払い!悪魔払い!”(°_°)と、叫びながらやってくる姿、なかなかの怖さでした。




次回の特別展は”日本人とクジラ”

   10月8日〜12月4日(日)
IMG_2478_20160914115732516.jpg




  1. 2016.09.14(水) _07:51:00
  2. 美術
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<気がついたら・・・ | BLOG TOP | 瀬戸内旅(倉敷~竹田城跡~姫路~神戸)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP