.

ナビの精度・・・

自慢じゃないですがわたくし極度の方向音痴でして、、、

しかし昨今は”ナビ”というものがあるので何も考えず口を開けて鼻水垂らしながら運転していても ”右” ”左” と指示どおり行っていれば目的地には到着することができるわけで。ただウチの車のカーナビは全然更新していないので新しい施設や新しい道は出てこず不便なことも。そこで今時はスマートフォンが便利でナビアプリを使えば最新情報が分かる、知らない土地へ遠出する際は専らこのナビアプリを使っています。

で、そのナビアプリなのですが、首をかしげる事が多々。
賢いのか賢くないのか・・・いや多分賢すぎて屁理屈が多いタイプでしょうw

例えば、
この国道を真っ直ぐ行けば着くな、などと思っていると「ここ右折です」とナビ。
そうなん?と思いながらナビ通り行ってみると、その国道と並走する狭い側道に入り1kmくらい走ったところでまた先程の国道と合流してみたり、マニアックな狭い抜け道や山道や農道みたいなところをけっこう勧めてきたり、、、、
渋滞時なら分かる気もするが自分は平日休みなのでほとんど混んでることはないし。
まあ最短ルートを教えてくれているのだろうから多少の時間短縮にはなってるのだろうが、対向車来たらどこですれ違う?などと考えながら運転しなきゃならない道より、数分~数十分くらい余計にかかっても良いから、のほほんと口を開けて鼻水垂らしながら行ける王道の道の方が個人的にはよいのだが。。。

極みつきはこのまえ。
道路の案内板も直進を示し、目的の施設っぽいものも正面に見えていた。
が、ナビは「右折です」。ん?一瞬戸惑ったが、私は極度の方向音痴、一方ナビは天下のGoogle様。従わない理由がない。現にいままで変な道を通らされはするが目的地に着かなかったことはない。でも明らかに目の前の施設が目的の場所だとは思うのだが、一体どこに連れて行くのだ?という期待と、天下のGoogle様が間違うのか?という意地の悪さも相まってナビ通りに行ってみることに。

まず右折し狭い道へ、さらに左折し対向車とギリすれ違えるくらいのより狭い道へ。
そしてここから先は舗装道が終わり、"わだち"が2本。


ストリートビューでもこの先は行ってない。
それでもナビは「直進」と言ってくる。

さすがにこれは間違っただろ?
でも一体どこへ連れて行く気だろうと思いソロソロ一本道を行ってみる。50mほど進んだところで「目的地周辺です」とのたまう。どこが?
ソロソロもう少し車を進めてみると左手に門らしきものが。確実にお客さんをお迎えするような門ではなく裏門的な大きな鉄条門のようなもの。鎖がぐるぐるにまかれ南京錠がかけられてる。もう少し行けばちゃんとした入り口があるのか?と思いさらに進んでみる。ゆるやかなカーブになっているので先が見えない。ソロソロ進む。もう完全に両サイドは田んぼ。ちょっとしたあぜ道。脱輪したら終わり。もし対向車が来たらどちらかがずっとバックで戻るしかない。もうここに入り口はないと悟る。カーブを曲がり切って先が見えた。白いガードレールが見える。あそこまで行けばちゃんとした道に出れる。ただここからだとガードレールの切れ目が見えない。出れるのか?もし行き止まりで出られなければ今きた500mほどのゆるやかなカーブ道をずっとバックで戻らなければならない。

願うようにソロソロ行ってみると端の方にガードレールの切れ目が見えたた!ほっとした。大きい道に出られた。
その道をほどなく行くと、、、、
立派な入り口があるじゃないですか!大きな駐車場も!

おそらく標識どおり直進していれば、ほんの数十メートルでこの入り口に到達してただろうに。
まあ表門か裏門かの違いはあるが場所的には間違ってはいないのだろうが・・・



なにゆえ?Google様は苦難のイバラの道をお与えに??
(T)
  1. 2015.10.18(日) _22:06:05
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<秋の諸橋近代美術館へ | BLOG TOP | 新入りです。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP