.

4DX 初体験!!

面白いですよ〜!
一度は行ってみた方がいいですよ〜!

と、すでに4DXを体験してきたお客様達は皆大絶賛。
え〜!そんなに面白いなら行ってみますーっ!

と、張り切って私も”ジュラシック・ワールド” を4DXプラス3Dで体験してきました。
ホントは3D苦手なんです・・・。
別に立体的に見えなくても、今時の映画は十分迫力あるし・・・メガネかけるの苦手だし・・・
でも富谷109のジュラシックワールド,4DXは3Dとセットのしかないんです。
しかし体験して3Dが案外役に立ったと感じる事になるのでした!

シアターに入ると、今まで見た事のない座席!
ほぉ〜、きっとここから風がでたり水が出たりするのかな?と思われる部分があちこちにあり、始まる前からテンションが上がります。

本編の前に4DXってこんなんですよ〜というような、短い映像が流れるのですがそこで初めて座席の動きや風、水、光、匂い・・・なんかを簡単に体験できるようになってました。
満席の場内はここですでに盛り上がります。
そうそう、チケットですが簡単にとれるかな〜と思っていたら、回数も少ないという事もあってか案外すぐに完売になるようで、行かれる時は早めに行って買うか事前にネットで購入した方がいいようです。


上映スタート!
シーンに合わせて座席が前後・左右・上下に動きます。
大胆に動く時もあれば、さりげなく動いていたり・・・。
でもずーっと動いているわけではありませんので、乗り物酔いしやすい私でもギリギリセーフでした。

しかも個人的にちょっと感激してたのが、マッサージチェアのような動きをする時があり、仕事帰りの私にとって、”お〜っ!!そこそこ!気持ちいいわ〜!”と、リラックス。
おしりの下の振動とか、肩甲骨あたりをドン!ドン!とか押されたり・・・。お〜!そこ凝ってます!ずっとしててもいいよーと思うくらいです。

突然風が顔にブフォっっ!とあたる時なんかは、あまりの不意打ちにビクッとならずにはいられませんでした。

そしてミスト。
最初は遠慮がちにかかる感じで、あ〜この程度なのね〜と思っていたら、シーンによっては相当顔が濡れます!!
ウォータープルーフタイプのマスカラじゃないと、見終わった時には目の周りが黒くなっているに違いありませんっ!
そんな意味では3Dのメガネがとても役に立ちました。
顔は濡れても目の周りはガードされてましたから。
でもメガネが濡れるので、必然的に周りの皆様もメガネをフキフキ・・・。私も首に巻いてたストールがメガネのワイパーとして大活躍。
ミストは手元で出ないようにするスイッチもついてましたので、濡れるのはちょっと〜という方はこれを押してしまえば大丈夫なようです。


映画の内容はまさに4DX向けという感じでした。
随分前に見たジュラシック・パークやその続編からの流れでのストーリーなので、細かい部分は見てた方が分かる所もありますが、ざっくりと楽しむぶんにはこれだけ見てもOKだと思います。

恐竜と触れ合えるテーマパークの様子がホントにリアルで、実在してれば私もぜひ行ってみたい!

Tレックスに遺伝子操作で誕生させた、凶暴性と高い知性を持つ恐竜が逃げ出して大暴れ!
それをなんとかしようと活躍するのが、ラプトルの飼育と調教をまかされているオーウェン、この施設の運営管理をまかされている女性、クレア、そしてこの施設に遊びにきていたクレアの甥っ子達、ザックとグレイ。

ジュラシック・パークの時も恐竜ってホントにいるのかも〜と思わせるリアルな映像でしたが、年月が経ちさらに技術は進歩してますますリアルな恐竜達。
ラストのティラノサウルス・レックスVS遺伝子組み換えで誕生した恐竜の戦いは凄かった。

今回は選ぶ余地なく吹き替えでしたが、初4DXはその方が良かったと思います!
体感に動揺していると、字幕見落としてしまう確立が高かったかも・・・。
ただオーウェン役の声が玉木宏さんだったのが、個人的にマイナスでした・・・。
あの声がどうしてもクロレッツのCMお兄さんを浮かび上がらせて、集中できず。
クレア役は木村佳乃さんでしたが、これは全く違和感なしでした。


オススメです!!



(S)












  1. 2015.08.28(金) _21:47:50
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<青森県立美術館へ行ってみました。 | BLOG TOP | カビてるんですけど〜!!>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP