.

そろそろ、もろもろ。

ここ最近、雪で走れないな~ グフッ\(^o^)/
などと思っていたが、だんだんムズムズしてきて、
まあ、
雪の上を走ってもいいじゃないか、
グラスの底に顔があってもいいじゃないか (by岡本太郎)
走るのが無理なら歩けばいい。そうウォーキング。
さすがにランニングシューズだとソールが薄いのでこの雪道や凍ってる道では寒いわ滑るわ足ひねるわで怖い。
確か去年は雪道走って2度転びました。
曲がり道と横断歩道シマシマの白いとこは気をつけましょう。

で何を履く?下駄箱見回す。
あった。
今年新調したばかりの長靴。
試したい。
もう2度の雪かきでデビュー済みだがなかなかのフィット感。
歩くの試したい。

ランシューなら気ぃ使ってソロソロ通らなきゃならない雪道や凍ってデコボコしてるところでも全然気にせずザクザク進める。
ちょっと試しに軽く1kmくらい走ってみる。
雪の悪路ではいい感じ。グリップが効いて滑らないし適度なフィット感なのに足首曲がる。ソールが厚くしっかりしているのでそこそこの安定感がある。除雪してあるフラットな路面だと重く感じるけど。
さすが道民御用達ブランド、ミツウマ。


昨日の朝、雪が積もってもう丸一日。
それでもここならもしかして新雪一番乗りかも!
と思った所だが先客がいらっしゃった模様。
足跡からするにお二人と一匹。

IMG_5754.jpg


最後に立ち寄った公園にも雪たんまり。でもOK。
この膝下までの長靴があればズボズボ入って行ってシャドー&キックですっきり。






昨日頂きました差し入れ。

ジャンポールエヴァン(その方面に疎い私でも知っております)

IMG_5751.jpg

色も鮮やかに、質感といい、すぐにでもガブッといきたくなりますが、
ちょっとワタシには高級すぎて体がびっくりしてまた顔にブツブツでないかしらw?

自分ではなかなか食べる機会がないので貴重です。
ありがとうございました。






先日観た映画。

『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』
poster2.jpg

原発、戦争、震災、旅、歌、家族、未来......................
見ながらいろんな事がよぎる。

”おまえはいったいナニ人だ~♪” と歌ってた人がw


ザ スターリン

中学生の頃よく聴いてました。
おかげさまでこんなんなりましたww


それはそれは過激なライブパフォーマンス。
下劣で過激な中にもなにか文学的な感じがする歌詞。

この映画で知りましたが吉本隆明の思想に影響を受けてたのだとか。
だからスターリン?
ハチャメチャなようで思想を練り込んでる。


何年か前、知人のライブハウスで演奏したのを観ました。
ソロでアコギ一本でも歌詞は相変わらず鋭い。


福島二本松出身、山形大卒。

イントネーションに微妙に東北訛りがあり朴訥とした喋り方や雰囲気がなんとなく寺山修司に似てる気が。



映画の中で印象に残った言葉。

「理解と誤解は紙一重」

「普通がイヤで偽善ならぬ"偽悪"を演じてた」

「広島、長崎、福島、日本は三回被爆してる。最後は自らの手で」




還暦を過ぎた今でも昔と見劣りしないほどの締まった身体。



まさにエンディング曲の

『just like a boy』


(T)

  1. 2016.01.31(日) _20:15:04
  2. 未分類
  3. [ edit ]

プラド美術館展

IMG_2105.jpg
”王たちの夢。
  巨匠たちの筆跡。

     スペイン宮廷 美への情熱 ”



今月31日までの開催という事で、なんとか間に合い見てまいりました!

三菱一号美術館・・・。今回行くのが初めてのわたし。

丸の内から歩いて5分ほど、ビルの谷間にど〜〜ん!とそれはありました。
IMG_2110.jpg
すでに行った方々から聞いてはいましたが、ホントに素敵!

もともと明治に、日本政府が招いた英国人建築家、ジョサイア・コンドル氏により設計され、銀行や事務所が入っていたそうです。
昭和になり、解体されてしまいましたが、5年前にコンドル氏の設計に則って同じ場所に蘇りました!!

ショサイア・コンドル・・・なんか聞いた事あるぞ・・・と、思っていたら・・・
そうですっ!
昨年私がはまった河鍋暁斎先生に師事して日本画を学んだ外人さんじゃないですかっっ!
一気に親しみがわいた私です。
コンドルさんの日本画、相当上手・・・私から見ると。
しかもコンドルさん、日本画だけではなくお花や日舞なと日本文化をとても愛してくれてたようです。
奥様も日本人でしたし。

ま、コンドルさんの事はこのくらいにして・・・。



IMG_2098.jpg
かっこいい建物の横を回り込んで中庭の方が入り口になっていました。

今回の私の目的はボス、初来日の一枚の作品!
こちらヒエロニムス・ボスさん。
IMG_1631_20160127224039cb5.jpg
ネーデルラントのスヘルトーヘンボス、今のオランダご出身。
その生涯、本人の日記や手紙などが一切残っていないため、詳しいことがわかっておりません。
そして謎めいた作品、20作品。う〜ん・・・少ない。
同じ時代にレオナルド・ダ・ヴィンチさんがいらっしゃいます。

建物の中も雰囲気があって素敵。
今回の初来日しているボスの作品はこちら、
IMG_2137.jpg
”愚者の石の除去”

高まる期待を胸に会場に入ったとたん・・・もーホントに体を会場に入れようかと思った瞬間・・・すでに見えてしまった・・・。ボスの作品。
しかもぞろーーーっと並んだ他の作品と区別される事もなく、5枚目に並んでおりました・・・。
あれっ?
特別扱いはなし??
勝手に私は今回初来日だし、別格扱いでどーんと鎮座しているであろうと思っていた事もあり、いきなし入り口付近にさらっと並べられていた事がかなりの衝撃でありました。

見たかったものが、あっという間に見終わってしまった私・・・力が抜けてしまったのですが、気を取り直し他の作品も楽しみました。
もちろん、何回かボスの所へ戻りガン見も忘れず。
たださすが東京、仙台とは違い人がたくさ〜ん!
しかももう少しで終わるという事もあってか、平日なのになかなかの人数でした。
なので会場を自由自在に動き回るのも苦労いたしました。

IMG_2139.jpg
思いがけず”バベルの塔の建設”見れました。
ボスの作品同様、小ぶりな作品。

椅子が設置されている広い会場で沢山の人に囲まれていた作品はこちら。
IMG_2106.jpg

スペインのラファエロとも称されるムリーリョさんの”ロザリオの歳暮・・じゃなくて聖母”
実際の作品は大きいですし、聖母も綺麗でイエスもかわいい〜。
人気あるのは分かる気がします。
ボスと違って変な感じないですもんね〜。

沢山ある作品の中に、あっ!ちょっと変わった人、発見!!
IMG_2140.jpg
おわかりいただけるでしょうか??
こちらはビーテル・フリスさんの”冥府のオルフェウスとエウリュディケ”
ギリシア神話を描いているのですが、上空に注目です!
IMG_2141.jpg
おぉぉぉ・・・・・!
死後の世界は不思議な生き物がいらっしゃいます。
この絵をご覧になっていた人たちはみな、主役のオルフェウスとエウリゥディケよりも空飛ぶこの生き物に注目です。

今回は時間がなかったため、併設のカフェにはよってくる事ができませんでした。
このカフェの空間はかつて銀行として使用されていた部分につくられています。
とてもクラシックな感じで入ってお茶してみたかったです・・・。残念。



次回の企画展は
 ”PARIS
オートクチュール 世界に一つだけの服”

芸術的な服の数々を見る事ができるようです!



(S)




  1. 2016.01.27(水) _22:41:45
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

気分のいい食事でした

「やっぱ粗食だな」と、うそぶいてからそう日にちも経っていませんが、

成人式も終わり、ひと段落したのでアトリゾーク新年会?も兼ねて美味しいものでも食べに。



通された席の真正面には大きな窓からのパノラマ。

あれに見えるは、
大観音に泉ヶ岳に七ツ森.........
このロケーションだけでも気分が良いです。

なんでもこのホテルは東北~北海道を含めて一番高い建物だそうで(知らなかった)

ここはその最上階!!


食事はシェフが目の前で焼いてくれます。

一つ一つの食材の産地や特徴を説明しながら焼いてくれます。

そうやって食べると野菜ひとつでも一口一口味わって食べるので美味しい。

ただ漠然と食べるより断然おいしい。

味噌や塩にもこだわりがありそれ単体だけでも美味しい。


説明って大事。プラシーボかもしれないけど、それも大事。





メインの肉を焼くときのファイヤー🔥

fc2blog_201601141023284c7.jpg


写真のタイミングを逃したと言ったら「もう一度やりますよ」と二度やってくれました。
焼き加減大丈夫w?

普段はあまりお肉は食べないのでちゃんとした立派なお肉は久しぶり。

柔らかくとても美味!



どうやらラッキーなことにこの時間帯は我々だけの貸切状態。


食材を調理するのと片付けを同時に行う見事な手さばきに、
じっと見られていて緊張しませんか?

「はい、さっきから手が震えていますw」


めっちゃイチローに似ているので、
イチロー選手に似てるって言われません?

「はい、はじめて言われました・・・今年は」


となかなかエッヂの効いた返しをしてくれるw




料理も手際もトークも終始プロの対応で、

私の頭のなかでは『プロフェッショナル仕事の流儀』のテーマ曲がずっとループしていました。




(T)



  1. 2016.01.15(金) _21:09:03
  2. 未分類
  3. [ edit ]

bojico

IMG_2093.jpg

昨年入荷する前から、オーガニック好きな方達に評判でした。
ボジコ。

ボジコってどんな意味??

母(ぼ)・父(じ)・子(こ)を組み合わせた造語です。
すべての人に安心と小さな幸せをお届けしたい、という思いから名付けられたそうです!

ボジコのすごいところ!
はいっ!!全身にお使いいただけます。

髪の毛なら、ヘアスタイリング、洗い流さないトリートメントとして。

お顔なら、リップバーム、チークバーム、アフターシェイブとして。

ボディなら、日焼け後のケア、乾燥肌のケア、赤ちゃんのおしりも。

手には、ネイルケア、ハンドクリームとして。

そして心には、天然素材の練り香水、リフレッシュとリラックス効果も。

IMG_2092.jpg
ZORKで常に扱っているのはこちら、WAX SERUM

向かって右、ピンクの方はメリッサ。
神秘的、女神的魅力を引き出します。
幸福感、恋へ向かう勇気、女子力アップ効果にも期待できます。

左はオリジナル。
リラックスandリフレッシュ
グレープフルーツの香りはスマート効果に期待できます。

お試し下さい。


(S)
  1. 2016.01.13(水) _20:50:57
  2. 商品
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

売れ過ぎてごめんなさい。

ここ数年、ZORKでコンスタントに売れ続けている商品がこちら。

IMG_2091.jpg

ホットロールブラシ エブリィ でございます!
いまや、ZORKのお客様でこのホットロールブラシをお使いの人数、かなりのものとなりました。

仕上げでこれを使わせてもらってると興味を示していただく方、多数。
通常のアイロンと違ってとにかく使いやすいのです。
アイロンはもし顔についたりしたら火傷が心配!そんな方にもこのホットロールブラシ!
何故なら、このロールブラシ、イボイボの部分は熱くありません。
中の芯の部分にセラミックヒーターが入ってますので、そこが熱くなるだけです。
 
よっぽど指をぐいっと入れたりしなければ大丈夫です。

イボイボの所もセラミック加工されていますので、髪滑り抜群。

温度調節は2段階となってます。


昔、クルクルドライヤーを使った事がある人なら簡単にホットロールブラシは扱えます。

肩にのる長さ、そんなヘアスタイルははねやすい・・・。内巻きブローは苦手だし・・・そんな人にもホットロールブラシ!

重めのボブ、もっとま〜るく仕上げたい・・・そんな人にもホットロールブラシ!

パーマかける時間がない・・でも毛先に動きが欲しい・・・そんな人にもホットロールブラシ!

前髪に自然な丸みが欲しい・・・そんな人にもホットロールブラシ!

ショートヘア、なんだかトップのボリュームが足りない・・・そんな人にもホットロールブラシ!

幅広い年齢層に支持されている一品です。


ただ螺旋状に髪の毛を巻き付けてウェーブにする事にはむいておりません。
達人の領域になるとチャレンジ成功してる方もいらっしゃいますが、そこへいきつくまで髪のからみハンパない!とお聞きしてますので、おすすめはいたしません。


実物をご覧になりたい方はZORKへどうぞ。

(S)

  1. 2016.01.13(水) _19:42:44
  2. 商品
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

花こふれ

お知らせが遅くなってしまいました・・・

いつも素敵なお花のアレンジをしてくださるアトリエ・リベラルさん。

昨年末からお花だけではなく、カルトナージュのお教室もする事になり、お名前も”花こふれ”さんに変わりました!!

カルトナージュ・・・、なんとなく聞いた事あるけど??
というのが私の反応でございました。
フランスの伝統工芸で、厚紙(カルトン)をベースに布や紙で装飾し、箱やステーショナリー等の小物が作れるそうです!
そう言われれば、見た事ありますっ!!
カルトナージュができるようになれば、ご自分でお花もそれにコーディネートできて作る楽しさ倍増ですね。

プリザーブドフラワー、フレッシュフラワー(生花)、そしてカルトナージュ。
体験レッスンもあるそうなので、ご興味のある方はぜひ!



IMG_1967.jpg

税込み¥4000




IMG_1966.jpg
税込み¥4300
  1. 2016.01.13(水) _08:42:47
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

お天気に恵まれました!

そうです、今年の成人式!
新成人の皆様、おめでとうございます。

富谷町、仙台市もここ数年前から”成人の日”の前日に式典が行われます。
しかも仙台市の式典スタートは午後2時からという事で、だいぶお時間にも余裕があるんですね。

随分前は午前中が式典のため、お嬢様達には真っ暗な早朝に来ていただく事が普通でした。
今年もお一人目はまだちょっと薄暗い中のスタートでしたが、仕上がる頃にはいいお天気に!

毎年、成人式という一生に一度のイベントで、ZORKを選んでいただいた感謝の気持ちを込めて精一杯のお仕事をさせていただいてます。
もちろん課題も生まれます。
その課題をクリアできるよう、練習の日々です。


最近はいろんな事が早くなっておりますが、成人式のご予約もそのひとつ。
2年前からご予約いただく事が多くなっています。
のんびりぼ〜っの私は、ここ数年は気を引き締めてご予約を承っております。

嬉しい事に今年はすでに3年後の成人式までご予約をいただきました!!
体調管理にも気をつけて頑張ろう!と、このお正月心に誓ったのでした。



IMG_1967.jpg

こちらはアトリエ・リベラルさんの新年に向けての作品です!
菊もプリザーブドフラワーになるんですねー!!

税込み¥4000

  1. 2016.01.12(火) _23:40:01
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

色即是空、空即是色

あけましておめでとうございます。


さんざんぱら暴飲暴食で年末から膨満感で苦しんでおります。

休みになると肝臓と胃腸は逆にフル稼働。

スッキリするべく走ってみたりするものの、上半身と下半身の動きがチグハグ•••

9kmほど走ってみたがいつもは感じない腰のダルさが。

年末の大掃除の時かも、。




遊んでくれるひとも居ないので、以前から行ってみたいと思ってたお寺に行ってみました。

「千日回峰行」「四無行」という1300年の間に2人しか成しえなかった人間業とは思えない修行をを成した方。

大阿闍梨。生仏。

タイミング良く"護摩焚き"の時間が近かったのでしてもらうことに。

護摩堂で燃え上がる炎と太鼓に合わせお経を聞いていると、なんともセカセカしてた気持ちが落ち着き心地良くなり一種のトランス状態。不思議なもんでスッキリ。

炎とリズムってなんか不思議なちから持ってますね。


その後の説法も良かった。

達観した人はほんと自然体。

全然イキったり偉ぶったりしない。当然か、


千日回峰行を二度満行した故酒井雄哉大阿闍梨でもそう感じました。

すべてを包み込む心の大きさなのでしょうか?



そういうひとに近づきたいものです。


fc2blog_20160114105451381.jpg



そういえばこの酒井大阿闍梨、当時で90歳くらいだったと思いますが驚いたのが肌ツヤの良さ!ほんとほっぺがツルっツルのピカっピカッ。


これ見てやはり俺食い過ぎだなと。顔にブツブツでてきたし、、、やっぱ粗食だなと。



でもこの間ピカソ展で見た90歳くらいのピカソはそこそこ恰幅よかったが全然若々しかったぞ、、、贅沢してるだろうに。




さて、今年は。


(T)




ps:記事書いてたのにアップ忘れてました、、

  1. 2016.01.06(水) _01:56:46
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

明けましておめでとうございます!!

IMG_1971.jpg

本日、1月4日(月)より atelier ZORKスタートでございますっ!



今年の初詣はスタッフそろって大吉!という縁起の良さ。
しかもおみくじに書いてある事も心にしみるいい言葉・・・。


気をひきしめて今年も精進していきたいと思います。

2016年もどうかよろしくお願いいたします!!




IMG_1970.jpg



ここ数年、恒例となっている元旦の竹駒神社。
まだ薄暗い中の出発のため、途中で初日の出が見れるんです。(車中からですが・・・)
今年は水平線のあたりに雲が少しあったので、出てくるのにちょっと時間がかかりました。

それでも日の出は美しかった!!!

(S)
IMG_1979.jpg





  1. 2016.01.04(月) _09:15:41
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP