.

『アンナプルナ南壁 7,400mの男たち』

最近立て続けに実話系の映画を見てます。

7400.jpg
公式HP


”一人の男を救うために世界10カ国から12人の登山家が駆けつけた。
場所は10人中4人が命を落とすという”キラーマウンテン”(死の山)と呼ばれる7,400mの山の氷壁”



内容は実際にあった話を当事者たちのインタビューをメインに時系列順に映像を挟みながら展開していきます。

世界屈指の危険な山で重度の高山病にかかりベースキャンプで動けなくなったスペインの登山家イナキを、世界各国の登山家が各々助けに向かい集結するというもの。

おそらく助けに行かなくても誰も責めないし名誉にもお金にもなるわけでもない。
世界の遠いところから自分の命も顧みないでわざわざ助けにきてくれるなんて、この登山家はよほど人格者で仲間から慕われてるのだとはじめ思いました。

自分の命も危険だったのにずっと付きっきりでイナキの看病をしてたホリア。
今回の一番の英雄は彼だとみんなが称えます。
「英雄は僕じゃない。ぼくはただ友達と居ただけだ」
とほんとにイナキとの友情で助けたのでしょう。

しかし話を聞いていくとイナキに1、2度しか会ったことない人まで助けに飛んできている。
なんで?
彼だからというよりは、おそらく別の人であってもこの人たちは助けに行くのだろうか?
・・・・・・答えは一人が言ったこの言葉でなんかわかった気がしました。

「我々はそれぞれ違う国から来てるというよりは "山" という同じ国の人間なんだ」




10人中4人が死ぬ山になんの見返りも求めず人助けのためだけにに登ること即断する人達である。
なかなか含蓄のある言葉が多い。(言葉は正確ではありません。大体こんなニュアンス・・・という感じです)



「死ぬために登るわけではない。生きてることを噛みしめるためだ」

「問題はその辛さとどう向き合い、どうやり過ごし、受け入れ、不快を快適に変えるかだ」

「力業(わざ)で登る登るのではなく心で登る」

「強靭な肉体があってこそ強靭な精神が宿る」

「体を鍛える事で自信ができ精神か安定する」

「自分の限界がわかると自分のできる事か分かる」

「仲間の身に何かあればただ救うことしか考えられない。他の選択肢は存在しないんだ」

そして、

「力を合わせてこそ人は生きていける」





数日前見た映画 は一人で160人を殺した英雄。
今回は一人を救うために集まった12人の英雄。

対極にあるようで、根底には共通する部分もあったりして。




とにかくこの映画、”生きた”言葉だからか名言だらけでした。


(T)

  1. 2015.02.27(金) _19:52:54
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

『アメリカン•スナイパー』

americansniper.jpg
公式HP


イラク戦争で160人を狙撃した伝説のスナイパーの実話。

自国では英雄。


帰還した彼にカウンセラーが、160人を殺して罪の意識は?という問いに、
愛国者の彼は「蛮人から祖国を守った。守りきれなかった人がいることの方が悔しい」
という。

そんなタフな精神の持ち主の彼も、多くの退役軍人がかかる、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされる。


話しは逸れますが、
”自殺を考えてる人のホットライン”をテーマにしたドキュメンタリー映画が今回のアカデミー短編ドキュメンタリー賞を授賞しました。

そこでは毎日のようにイラクやアフガンへ派兵された退役軍人から死にたいという電話が掛かってくるという•••••



死ぬか生きるかの極度の緊張状態が続けば正気を保つことの方が難しいのかもしれません。

鍛え上げられた屈強な肉体と精神をもってしても、戦争は人間を蝕む•••••••のでしょう。


戦地(非日常)では正しいと思った。でも日常(平和)に戻ると「なんてことを」と悪夢に苛まれる。


”良心の呵責”

ドフトエフスキー『罪と罰』を思い出しました。
いくら良かれと思って悪い事をしても人間は良心の呵責には耐えられない。




アメリカ万歳的な映画かと思いきや、むしろ逆なのかもしれません。

これでよかったのか?
本当にアメリカは正しいのか?



イーストウッド作品はいつも投げかけてきますね。

無音のエンドロールにもなにか思いが込められていたのでしょう。


(T)

  1. 2015.02.25(水) _23:21:05
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

『フォックスキャッチャー』

アカデミー候補が勢ぞろいして、見たい映画が続々出てきました。

その中でも今公開されてる「フォックスキャッチャー」を見てきました。


foxcatcher.jpg
公式HP



20年近く前の事件を基にした話。


正直ストーリー的には

昨今の世間を騒がせている事件の方がよほどサイコパスなので、

そんなにストーリー的にはインパクトは感じませんでした。


ただ、知ってる役者さんは居ませんでしたが、

大富豪デュポン役の役者さん物言わぬ恐怖。

表情や目つきだけで不機嫌さや怒りを出して、淡々として人を見下してる感じ。


また、レスリング金メダリスト兄弟の二人の肉体や練習風景や試合風景などほんとうのアマレス選手?と思うほどでした。





ネタバレになっちゃうかもしれませんが、

大富豪のボンボンがママに認めて欲しくて、

金に物言わせて世間からの評価を得たい尊敬されたいと思ったのでしょう。


しかしそれに値しない人間に、周りの人たちは彼の思う通りにはならなかったという事なのでしょうね。



役者さんの演技とその人物の描写の仕方が印象的な映画でした。




(T)

  1. 2015.02.19(木) _22:24:26
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

ここだけ春!

外は時折小雪が舞っている明石台。
でもお店の中はいただいたお花で気分は春です!!
P1110517.jpg
綺麗なデルフィニウムです!!
P1110519.jpg

P1110518.jpg
 

先日の雪かきでずっしりとプランターにのっかっていた雪もやっとなくなり、パンジー達はとりあえず生きているようです。
このまま春に一歩一歩近づいてくれるといいのですが・・・。


P1110515.jpg
綺麗なお花をありがとうございました!!


(S)



P1110508.jpg


  1. 2015.02.13(金) _08:20:42
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

チャーリー・モルデカイ

P1110520.jpg
”華麗なる名画の秘密

  全てのカギを握るのは、このインチキ美術商”


財宝の謎が隠された”幻の名画”を巡る、アクション・アドベンチャー超大作。
という事で見て参りました。
結論から申しますと、面白いです。
でも・・。その面白さは、主役のジョニー・デップ、妻役のグウィネス・パルトロー、その妻に想いを寄せる刑事役、ユアン・マクレガー、そしてジョニー・デップ演じるモルデカイの護衛役の男。
この4人の掛け合いですね。
劇場内のあちこちでも、こらえきれず笑う声が・・・。
でも・・・。
肝心の名画にまつわるストーリーは、いまひとつ。
”ギャラリー・フェイク” ファンとしては、もう少し作品にまつわるウンチクもいれてくれると良かったのにな〜と思いました。
とは言え、”アクション・アドベンチャー超大作”となっているから、これでいいのかもですね。


ところで予告編の中に、3月公開の”イントゥ・ザ・ウッズ”
おとぎ話の主人公たちが大集合という作品らしいですが、その中の赤ずきんに対するオオカミ役、ジョニー・デップでした!
紳士風ファッションのオオカミになって登場です。
最近, なかなか素顔で登場が少ないですね・・。

(S)


  1. 2015.02.13(金) _06:34:12
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

滝を見に行く


”七人のおばちゃん、山で迷う。”


ひっさびさのフォーラムで、時間的に見れたのがこの作品でした。
”南極料理人”の監督さん作品です。

バスツアーに参加した7人のおばちゃんが、ガイドとはぐれ思いがけず山の中でサバイバル生活をするはめに・・・。
この7人のおばちゃんたち、”40歳以上の女性・経験問わず”という条件でオーディションされた方達らしく、演技経験初めてという方も。
それぞれの個性や特技を役柄に取り入れて、台詞の長さも工夫されておりました。
つっこみどころもありましたが、クスクス笑えて、なかなか面白い作品でした!

見終わって出たところで、びっちびちのフロアにびっくりです!
なに?なに??皆さん、何を見に来てるの??
あ〜、なるほど、”6歳のボクが大人になるまで”でした。
アカデミー賞有力候補とも言われているらしいですもんね!
フォーラムがあんなに混んでいて、びっくりでした。

(S)

  1. 2015.02.12(木) _22:20:04
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

Think Different

アルベルトアインシュタイン、トーマスエジソン、パブロピカソ、チャーリーチャプリン、アルフレッドヒッチコック、フランクロイドライト、ボブデュラン、ジョンレノン、マリアカラス、ジミヘンドリックス、モハメドアリ、マハトマガンジー、マーティルーサーキング牧師、、ネルソンマンデラ、チェゲバラ、ダライラマ、そしてスティーヴジョブズ。


『クレイジーな人たちがいる

反逆者、厄介者と呼ばれる人たち

四角い穴に丸い杭を打ち込むように、

物事をまるで違う目で見る人たち

彼らは規則を嫌う

彼らは現状を肯定し­ない

が彼らの言葉に心をうたれる人がいる

反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる

しかし彼らを無視することは誰にもできない

なぜなら彼らは物事を変えたからだ­

彼らは人間を前進させた

彼らはクレイジーと言われるが私たちは天才だと思う

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが

本当に世界を変えているのだから』






Apple不屈の名作CM。
私もMacも使い続けて15年以上。


スティーヴジョブズの言葉で個人的に印象に残ってるのは
『Stay hungry, Stay foolish』




わたしの去年の自戒の言葉は
「腹八分」

ダイエットじゃないですよw
いろんな事柄に対して。
なかなか難しいけど。
賢ぶるしね。



20th。


今年は何かと節目の年。
原点回帰。


『Think Different』


いい言葉です。
たぶん、都合よく解釈してるけど…


今年はいろんな事柄に対して
『Think Different !』









(2015/2/1現在、世界情勢を鑑みると個人的には当時と違ってナレーション文に非常に違和感を感じる部分もありますが...)


(T)







追記:

<登場順>
アインシュタイン、ボブデュラン、キング牧師、リチャードブラウン、ジョンレノン、バックミンスターフラー、エジソン、モハメドアリ、テッドターナー、マリアカラス、ガンジー、アメリアイアハート、ヒッチコック、マーサグレアム、ジムベンソン、フランクロイドライト、ピカソ、シャーンサホタ


  1. 2015.02.01(日) _23:51:11
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




PAGE
TOP