.

ムーミン展

これまでにない ムーミン原画展
fc2blog_20190613140753dcd.jpg

行く時間はないかなー・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

と、諦めかけてたら空いた時間に寄ることができました!!

場所は六本木ヒルズ森タワー52階、森アーツセンターギャラリー。
fc2blog_20190613141230fed.jpg
かなり久しぶりの六本木に、右往左往する私でございました・・・(´∀`*;)ゞ

もうすぐ終わるという事もあってか、平日なのにすごい人。

しかもトーベさんの原画、サイズの小さいものが多く、きちんと前に行かないと見えないので、みなさんお行儀よく並んでの鑑賞となります。

約500点という作品数!

原画だけでなく、貴重なコレクションも沢山あり((∩^Д^∩))

中でも、トーベさんが実際にムーミンを、サラサラ・・・と描いてる動画があり、つい立ち止まって何度も見てしまいました!!

めっちゃ簡単そうに描いてます・・・

もしかして私にも描けるかも・・・?  

って、後日実際に描いてみましたが、全然可愛くない仕上がりとなってしまいました・・・(つД`)ノ

こちらは、撮影OKの場所。
fc2blog_20190613141315fe1.jpgfc2blog_20190613141401662.jpg


fc2blog_20190613141435ce4.jpg


ムーミン展開催を記念して、同じフロアにあるカフェで、限定メニューを楽しむことができますよ!
fc2blog_20190613140836444.jpgfc2blog_20190613140919379.jpg

デザイン、可愛すぎ・・・

ものすごい行列に、私は並ぶの断念いたしました(T_T)


実はムーミンの本。
子供の頃は、表現が私にはちょっとわかりにくいなー・・・と、思いながら読んでました。(。-_-。)

でも最近出版されてる本は、現代的な表現や言い回しになっていて読みやすくなったそうです!
fc2blog_2019061314095615b.jpg

本屋さんで立ち読みしてみたいと思います!( ・・って、買わんのかいっ!!!)



そして、会場を出るとお約束の会場限定グッズ売り場。

本は買わなくても、マスキングテープは買ってしまう私です・・・((^∀^*))
fc2blog_20190613141030451.jpg


別の階にあったミュージアムショップでは、草間彌生さんのマスキングテープゲットでございます\(^o^)/
fc2blog_20190613141116f6a.jpg


時間がないわりに、欲しいものはしっかりとゲットしてきた私でした。
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪



(S)






  1. 2019.06.13(木) _19:38:00
  2. 美術
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

安藤忠雄展・挑戦

建築家の展示って、どんな感じになるのかな〜?
だって、建物持ってくるわけにはいかないから、写真とか設計図とか並べるだけ??

と、少々不安はあったものの、そこは安藤忠雄さんファンの私としては行かないわけございませんっ!!
20171126164302e25.jpg 
感想・行ってよかった♪───O(≧∇≦)O────♪


行こうかどうか迷っていらっしゃる方、行った方がいいですよ〜。
面白いですってば!!
建築ド素人の私が行っても楽しめるんですものo(^▽^)o
20171124222310395.jpg 


会場には、あぁ〜きっと設計やっている方達ですね、建築のお勉強なさってる学生さん達ですね、という雰囲気バリバリの方達が沢山いらっしゃいました。
でも、それがかえって私にはとても助かりました(´∀`*)
例えば、設計図の前で。
ド素人の私にとって、もはや設計図は線の綺麗な絵画状態なのですが、ちょうどお隣にいらっしゃったご夫婦、ご主人様が設計のお仕事をなさっているようで、奥様に、この部分が安藤さん独特の設計なんだよ、とかわかりやすい言葉でご説明していらっしゃいました。
もぉ〜、私の耳はダンボ状態で、なるほど〜、へぇ〜、と、その解説に聞き入っておりました(#^.^#)

模型の前で。
ド素人の私にとって、模型かっこいいわ〜、作った人、めちゃ器用じゃーん!!ぐらいの感想なのですが、その時いらした現役バリバリ感のグループ、ここの柱の位置がさ〜、とか、このスペースのつくりかたがさ〜・・・などなど、さすがプロは目のつけどころが違います。
ひっそり私もその輪にまじって、聞かせていただきました(o‘∀‘o)*:◦♪


2017112616430252c.jpg 

会場はセクション1〜6までテーマごとにわかれております。
その間に安藤さんの仕事場の再現がされていたり、直島のインスタレーションや映像ブースもあります。

201711261643032a5.jpg 

個人的に特に興味深かったのは、section1原点・住まい
今まで安藤さんが手がけた住宅が、写真、映像、設計図、模型などで展示されているのですが、クライアントへの質問もあり、それが面白いんです!!
一枚一枚読んでいくと、時間はかかりますが、ぜひ読んでみてください。
安藤さんのお家に住むという事は、住みこなすという挑戦をしなければいけないようです!

そしてそして!!
今回、野外展示場に 光の教会 が原寸大で再現されてます。(((o(*゚▽゚*)o)))

本物は大阪にあるのですが、まさか東京で体験できるとは・・・感激。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

外から・・
20171124222312caa.jpg 

中から・・・ 
 2017112422231138d.jpg
ホントはもっと後ろから撮りたかったのですが、なんせ人が沢山いて・・・。

光の教会をつくるにあたってのオモシロお話も音声ガイドで聞く事ができます。
この音声ガイド、安藤さんご本人ですから、必聴でございますっ!!


限られた時間でしたので、早足で見た私でしたが、
想像していた以上に見応えのあった安藤忠雄展でした。(っ*^ ∇^*c)



(S)

















  1. 2017.11.27(月) _22:33:00
  2. 美術
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

『怖い絵展』

上野公園はスカッと晴れ上がり見事な青空。

IMG_7795.jpg 



公園内にある、


東京都美術館では ”ゴッホ展”


東京国立博物館では ”運慶展”


国立西洋美術館では ”北斎とジャポニズム展”


IMG_7797.jpg 

世界遺産・コルビジェ建築


IMG_7802.jpg  IMG_7808.jpg

「考える人」      「地獄の門」



平日なのに結構な人。




そんな中、上野の森美術館で開催されている、


『怖い絵展』

IMG_7793.jpg 


ここも結構な行列。30〜40分以は並びましたか。




絵そのものの素晴らしさというよりも、


その絵の描かれた時代背景や時代の流れ知ることによってその絵の意味を知る。


その時代の中で切り取られた一場面。


重要な一瞬だったり予兆する場面だったり、逸話や後日談。


作者自身の精神面だったりその時の感情だったり。



それを知ることによって見方が変わります。



なので音声ガイドは必須!




視点を変えた面白い企画展でした。




本にもなっていますよ。

kowaie.jpg 


(T)




  1. 2017.11.26(日) _19:38:00
  2. 美術
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

ジャコメッティ展

先日所用で東京へ行ったついでに六本木にある国立新美術館で開催されている、
『ジャコメッティ展』を観てきました。

この日東京は35℃の猛暑日。でもここは乃木坂駅から直結しているので外に出ないでよろし



以前からジャコメッティの極限まで細長くした特徴的な彫刻は好きでしたが、作家本人がどんな人なのかというのは全く知りませんでした。

もともとキュビズムやシュルレアリズムに傾倒してましたが、それをやめて「見たそのままを作品にしたい」と言って作った彫刻の数々。

この言葉に私は混乱しました。

IMG_6958.jpg 
最近は一部の場所や作品だけ撮影可が多くなってきた


言葉どおり受け取るとリアリズムを追求するのかと思いきやとてもそういう作風には見えないw

例えば、遠くから人を見た時 ”粒”のようにしか見えないから細部は切り捨て ”粒” のように表現する。
これは分かります。見たまんま。

でも2〜3mの距離にモデルを立たせ長い時間観察して(特にジャコメッティはモデルを長い時間拘束するので有名だったらしい)細長い胴体手足に細部も描かない小さい頭。
実際にモデルさんが痩せてたのかと思えば決してそういう訳ではなかったようです。
なのでとても「見たまま」に作ったとは思えない。
むしろ「シュルレアリズム」と言ってくれた方がスッキリする。
素人目にはそんなにモデルを長時間観察して「で、これ?」と思ってしまう (失礼w)

IMG_6961.jpg 


ジャコメッティの言う「見えるものを見えるままに表現する」とはどういうことなのだろう??
哲学?
ジャコメッティには何が見えてたのだろう?
心の目?
偉大な芸術家の考えることは凡人にはとても計り知れません
結局、自分には最後まで分からずじまいでした。

ちなみにフランスの哲学者サルトルには絶賛されてますから。

ジャコメッティは"実存主義”とも呼ばれ、
〜例えば自分の生まれてくる前の世界をあまり重視しない考え方とかなんとか。。
なので革新的な考え方が出てきやすいとかなんとか。。

音声ガイドの山田吾郎氏が噛み砕いて説明してくれてたが分かったような分からないような、、、


IMG_6974.jpg 


ジャコメッティの彫刻自体、繊細で独特のバランス感やインパクトがあってとても好きなんですけど
「見えるがままを追求していた」という言葉が、どうも引っかかり自分の思っていたジャコメッティ像と180度違ったので、それが今回の戸惑いと驚きとそして大きな発見ではありました。









話は変わって、
こちらはZORKの巨匠?wが十数年もしくはもっと前に作ったジャコメッティ風の作品。
壊れた燭台をベースに粘土で作ってます。
IMG_7010 


こちらは店に飾っているジャコメッティっぽいオブジェ
IMG_3760.jpg



細長ければとりあえずジャコメッティなのですw



(T)





  1. 2017.07.07(金) _19:44:00
  2. 美術
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

第2回あきたアート はだしのこころ

IMG_2690.jpg
”生きる営みの中から真っ直ぐに生まれてきたアートは、
 ひとのこころを揺さぶり、つなげ、社会を変えていきます。
秋田の地で生まれた はだしのこころ をした作品たちを、障害のある人、ない人、すべての人で分かち合う場として、
本展覧会を開催します。”


嗣治作品見て、ラウンジでまったりして、さ〜美術館から出ようとしたら、エントランスホールの横、県民ギャラリーで開催されていた展覧会。
なんだかちょっと気になって入ってみました!
そしたらですね・・・藤田嗣治見た事忘れるぐらい良かったんですw(゚o゚)w

自由な感性で表現した作品が約270点!
草間さん顔負けの作品もありましたし、絵画だけではなく立体作品、陶芸、写真と盛りだくさん。
しかも何だか引きつけられる魅力がどの作品にもあり、も〜入ってよかったです!

IMG_2691.jpg

入場無料なのに、帰りにお土産までいただいてしまいました!
佐藤 稜くんの、ものすごーい細かいタッチで描かれたイラストつきのしおり(o‘∀‘o)*:◦♪
想像力も凄かったですよー
IMG_2689.jpg


生きるパワーをもらった展覧会でした!


(S)
  1. 2016.11.22(火) _07:12:00
  2. 美術
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP