.

カメラを止めるな!

ただのゾンビ映画ではないらしい・・・と、評判の映画。

だったら私もちょっと見てみたいなーーーと、思っていましたら、なんと!近所の映画館でもやっているではありませんかっっ(゚△゚;ノ)ノ

しかも夜9:05 スタートの回がある(」*´∇`)」

で、昨日見てまいりました。


確かに良かったです、この映画。

前半の、不自然な間がなんだかなぁーーー(*`・з・´)と、思う気持ちが後半でとてもスッキリします。

知っている役者さんが1人もいないのが、かえって先入観なく見れてよかったですネ。


もう一度見るとさらに楽しめそうな作品でした(o‘∀‘o)*:◦♪



(S)


  1. 2018.09.21(金) _19:05:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

五島列島クラクラの旅 3

二日酔い。そんなに飲んだつもりはなかったが空きっ腹が良くなかったか頭が痛い。
5時6時には出かけようと思っていたが起きたのは7時半近く。
夜はけっきょく布団では寝ずにずっとハンモックで寝てしまった。。自宅にもハンモックを吊るしてあってそこでは今まで一度も寝たことないのにw

1階に降りて行くとすでにAさんは朝ごはんを食べようとしていた。
バターロールにハムとチーズをはさみオーブントースターで焼きあがったばかり。すっげ旨そう。その飢えたハイエナのような目つきがバレたのか「あ、おはようございます。た、食べます?」と気を使ってくれたが、昨日の魚、つまみ、焼酎に続きこれ以上彼の食料を減らすわけにはいかないので、いえ朝は食欲ないので大丈夫です、と言うのとは裏腹に腹はグ〜。ほんとは毎朝がっつり食べているのにw自販機でコーヒーと水を買った。

ダイニングテーブルを挟んでおっさん二人が無言でボーっと窓の向こうの空の雲行きを見ている。風が強くなってきて雲が厚くなってきて雨粒も落ちてきた。
いよいよですかね?」
IMG_8681.jpg 

2階に行き、ハンモックに横になる。
今日一日こうやって寝ていたい。本でも読みながら。。。
浅はかな知識で五島といえば遠藤周作なのか?と思い、家の本棚を見回すと遠藤周作一冊だけあった。『深い河』。たしかタイへ行く時にに古本屋で買ったものだ。その時なぜか読んでみたいと思った。100円のシールがまだ貼ってある。タイの長距離バスの硬い固いシートに揺られながら読破した。読破したと言うかとりあえず最後まで読んだという感じ。けっこう面白かったなにか感心した、というのだけは記憶にあるが今となっては内容はまあっったく覚えてない。覚えてるのは硬いシートに長時間ゆられたおかげで痔になったことくらいw
せっかくだから五島でもう一度読んでみようと持ってきた。
『沈黙〜サイレンス』(遠藤周作原作、M,スコセッシ監督)来る前にぜったい見ておこうと録画してたのに結局見てこれなかったし・・・・


ほんとにこのままグダグダしてると出るのがいやになる。やはり台風がひどくなる前に出よう。荷物をパッキングし宿を出た。Aさんは外でたばこを吸ってた。少し話をしお礼を言って別れた。



北へ向かう。
fukue_issyumap.png 
三井楽(みいらく)へ。
車も見ないが人もまったく見ない。
台風が来る、とみんな構えてる日に悠長に観光なんかしてるのは自分ぐらいなものか?
風が強い。雨はパラパラだが風にあおられ打ちつける。

車一台通れるかどうかの狭いクランク。鼻先つっこんでみるがかなり狭いのでバックしてると地元のおじさんが逆の道行った方いいよ、と教えてくれた。
言われたとおりの狭い道をそろりそろり行くと海沿いの道に出た。
IMG_8689.jpg  ennjiroad.png
晴れていれば気持ちの良い道なのだろうが・・・ゴォーゴォー音を立て風が吹いてる。




<長崎鼻灯台>
IMG_8692.jpg  IMG_8694.jpg
上の地図で見るとたしかに鼻のように出っ張ってる。




<カトリック墓碑群>
IMG_8709.jpg  IMG_8710.jpg 

IMG_8705.jpg IMG_8706.jpg
ここからの夕日もきれいそう。なんかシュールな感じです。




<空海像と辞本涯の碑>
jihonngai.jpg 
遣唐使たちと船に乗って唐に渡った空海の日本を離れた最後の地。
”辞本涯(じほんがい)” とは空海が書物に残した言葉で「日本の最果ての地を去る」という意味だそうです。命がけだったのでしょうね。
昨年、高野山に行ったのでなにか繋がったような気がします。

この時とても体調が悪く脂汗がでてきて写真を撮れなかった。
なのでこの写真は長崎の観光ポータルサイト”五島ナビ” さんからお借りしましたm(_ _)m



<三井楽教会>
IMG_8715.jpg  IMG_8718.jpg
ここに着く頃には体調最悪。駐車場に車を停めシートを倒してしばらく横になる。無音の車内。風の音がすごい。不定期に突風も吹くのでかなり気になる。お腹が痛くなってきた。お手洗いをお借りしたい。でも教会は閉まってるぽい。横を見ると、ん、公衆トイレ?中もきれい。外なのにウォッシュレットだし便座ヒーターとか付いているし。神のご加護だ、お導きだ!感謝しありがたくお借りした。ピンチの時に助かった。やはり救世主メシアはいらっしゃるのだ!!





miiraku_patiwork.png 
あとから航空写真で見た三井楽。
車で走ってる時は田畑がこんなパッチワークぽくなってたなんて全然気づかなかった。



広くてきれいな白い砂浜のビーチがあり、そこを通り過ぎたあたりから今まで一台も走ってなかった車がだんだんと増えてきた。

しばらく走ると「City mall」というナウい建物が。
citymall.jpg
まだ体調は本調子ではないのでここでもう少し休む。シートを倒して横になる。
人がいると多少安心感がある。

一休みしたらだいぶ楽になったので店内をぶらっと。お腹に何か入れよう。
地元のスーパーのお寿司はお美味しいのではないかと思い購入。
IMG_8735.jpg 
ネタが新鮮でやわらかく美味しい😋


車をそろそろ返す時間なので戻る。
途中、セルフのスタンドでガソリンを入れる。170円/ℓ。高っ。
本土だと140~150円位だったか?やはり島だと高いのですね。

車を返す。ほんとならこの後30〜40分後の船で長崎へ行く予定だったが今日は全便欠航。レンタカー屋のおっちゃんが「この後は?どこか泊まる?それとも空港?どこでも送ってあげるよ」ん空港?福江島には空港があって飛行機飛んでるのだった。すっかり交通手段から除外してた。飛行機って今日飛んでるんですかね?「今んとこ飛んでるみたいよ」こんな風なのに?「飛行機はつよかね」

港のターミナルへ行き、作戦を練り直す。
まあ高いお金出して今日飛行機乗らなくても明日の朝一の船に乗れればまだ時間には余裕がある。港近くに泊まろう。今日の宿を探す。ひとり旅の時は宿にお金はかけない、という自分なりのルールがあるので、なんならこのターミナルにでも寝れるなら、、、と思って聞いてみたが「5時で締めます」と。

三件目に電話した宿に空きがあった。
行ってみると60~70代くらいの品の良さそうな女将さん。
今までこういうゲストハウスのオーナーの方はだいたい若い移住者などが多かった。沖縄の離島などはほぼそうだった。屋久島で地元の60代くらいのご夫婦のドミトリーに泊まったことがあるがそこは当たりだった。おそらくここも当たりだろう。

宮城からの人が来たのは初めてだと言う。たまたま明日宮城からの6人組の予約が入っていたので「宮城からは初めてだわ」と思ってたらしい・・・なんか ”初宮城” の座ををポッと出の新人の自分が横取りしたようで申し訳ないですw

シャワーを浴びてひと休みしてから外をぶらぶら。


<福江城(石田城)跡>
IMG_8738.jpg IMG_8739.jpg
お濠と石垣がある。
当時の五島藩が幕府に築城を懇願して苦労の末お城が完成したが、五年後に大政奉還になってしまいその後解体したそうな。なにも解体しなくても・・と思うが。
今はこの石垣の中の本丸跡はなんと県立高校が入ってるらしい!

ここから10〜15分歩く。
先程、車で通って気になった所があったので行ってみる。
車で通りながらこの辺はなんなんだろうか?とおもってたが、
 IMG_8746.jpg IMG_8756.jpg IMG_8765.jpg IMG_8747.jpg
<武家屋敷通り>でした。



宿に戻る。
先程から共有リビングでパソコンを打ってる若い男性がいる。
メガネをきりりとかけていて若き日の鮎川誠氏のよう。
なんでも世界遺産の取材を兼ねて遊びに来たそうな。
ayukawa.jpg
取材ってメディアとか広告代理店とかの人なのだろうか?

って世界遺産?世界遺産って五島が?そういえばなんとなくそういう文字は見たり話も聞いたような気がするが、もう決まってたのね!?”世界遺産”。失礼しました。知りませんでしたw



今夜は「五島牛」とか「鯖寿司」とか美味しいものを食べようと思っていたが、台風が長引くとなると現金はなるべく残しておきたい。なので今日の晩ごはんは質素にスーパーの刺身とのり弁。
IMG_8792.jpg


一心不乱にキーボードを叩く鮎川くんに、メシ食べました?と聞くと、一瞬我に返ったように「あそうだ」と言い「ちょっと買ってきます」と言って出て行く。30分後買ってきたものを見て目が点になる。
トマト1個。
キッチンで包丁でそれを切り”トマトスライス”にしてマヨネーズをつけて食べていた。
おもわず、そんだけ??と聞いたら「はい(なにか?)」のような顔してた。
草食にもほどがあるw ダイエットしてるわけでもなさそうだし、むしろもっとたくさん食べないと〜、とおっちゃんは思うのでした。

ビールを飲んでるのを見て女将さんが「これ飲んで」と焼酎を出してきた。IMG_8799 (1)『五島 麦』

よろこんで!でもいいんですか?
「6月にトライアスロンで来た選手たちが持ってきたんだけど見事にみんな熱中症になっちゃってね」
もちろん鮎川くんは酒なんか飲まないから。そおっすかwなんかすいませんねwと言いながら結局封の空いてなかった焼酎を遠慮しつつも半分以上空けてしまった。麦なのであっさりしててなんのクセもなく飲みやすい。ロックで飲んでたが氷取りに行くのが面倒になってきてそのまま飲んでた。

ご飯やお酒を飲みつつも、明日の船やら飛行機やら調べて変更やらキャンセルやら予約やらしなければならない。
鮎川くんは明日、奈良尾という五島の別の島へ行く予定らしい。私は長崎へ行く。
お互いスマホとパソコンで明日の台風情報や船の運行状況を貪ってる。
私の乗る予定の長崎行きの船が途中に奈良尾に寄るので結局同じ船ということが判明。
そして鮎川くんが衝撃的な言葉を「明日の長崎行き午前の1便2便欠航決まったらしいですよ」まじ卍?予約してた長崎発の飛行機に乗れないのは決定的。すぐさま飛行機を翌日の便へと変更手続きをした。それに伴う乗り継ぎ便の変更手続きもしてると、こんどはその便が欠航になりましたメールが届く。ラッキー変更手数料かからなくなった、と思ったら希望の時間の便が急に満席で取れなくなってしまった。変更手続きで処理してた時は空いてたのに、、、空席が出ると予約画面がでてくるシステムなので"キャンセル待ち"でしばし様子見。
「昼の佐世保行きと夕方の長崎行きはまだ欠航は決まってないです。明日出航の1時間前に決まるそうですよ」と鮎川くん。
ま、いくらなんでも明日の昼には風も収まるってるだろう。昼の佐世保行きに乗って佐世保から長崎に移動しよう。念のため明日昼の佐世保行きのジェットフォイルを予約した。

時計を見るともう午前0時近くになっていた。


鮎川くんは「ちょっと本場の台風味わってきます」と外へ出て行った。



(T)













  1. 2018.09.16(日) _22:28:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

五島列島クラクラの旅 2

福江島の西の果て「大瀬崎灯台」をあとにし次の目的地、荒川へ向かう。
ナビまかせに向かう。方向音痴なのでふだんは従順にナビに従うのだが ”方向音痴にも五分の魂” 、感覚的にぜったいそっちじゃないだろ、って時がある。ただ所詮、方向音痴なので確信も自信もないので結局すごすごナビについて行ってしまうのだが。。今回も絶対逆だよね、と思いつつ停まって何度もナビを入れ直すが選択肢すらなくこのルート一本のみ。しばらくして来た道を戻ってることに気づく。基本通ったことのない道を行きたいタイプなので、もったいなか、と言いながらナビに従った。しかし後から調べたらここは一本道だったらしい。やはりGoogle先生が正しかった。

fukue_issyumap.png 

これから向かう荒川は福江港とは反対側にある漁港。
聞いた話によるとそこには温泉もあるし、港の前が無料の駐車場になってるという。
なので今夜はそこで車中泊するつもり。
ギリギリまでまわってお風呂にゆっくり浸かってあとは酒でも煽ればそのうち眠るだろう。どうせ翌日は朝5時6時早めから動こうと思っている。

車を走らせている最中、徐々に雲が厚くなり薄暗くなってきた。
ラジオをつけ台風情報を聞く。「今日の夜から明日にかけて長崎・五島列島へ最接近するでしょう」ふ〜ん。港の駐車場ってどんなんだろ?台風とかきたらヤバイのか?今は大したことないけどやっぱこちらの台風はすごいのだろか?東北は地震は多いが台風はほぼ来ないのでいまいち実感が湧かない。今までなら大丈夫だろで押し切ってたろうが先ほどの岬で自然の”畏怖”というものを感じビビってるのでwここは安全策でいこう。ネットでその近辺の安宿を探し、よさげな所に電話をしてみる。
急で申し訳ないのですが今日一泊なのですが、空いてますか?
「空いてますよ。ただ明日台風ですけど大丈夫ですか?」
似たような事をレンタカー屋のおじさんにも言われた。2回続くといったい明日何事が起こるのだろうと心配になってしまう。
「あとこの辺りにはスーパーや商店がないので自分の食べる物は途中どこかで調達してきて下さい。」切ってしばらくするとまた折り返し電話がきて「明日の船は全便欠航が決まったそうです」と教えてくれた。
ある程度想定はしてたので、しようがない、切り替えて楽しもう、くらいに思っていた。


IMG_8565.jpg  港到着。おだやか。
結局途中どこかで食料を買おうと思ったが来る道中、お店は見当たらなかった。

とりあえず宿へチェックイン。
古民家を利用したちょっとこぎれいなゲストハウス。
ほんと港からすぐ近くだった。
2階の部屋は片側6畳×6畳の部屋が廊下を挟んで両側にある。
「今日はお客さんあとお一人だけなのでお好きな方でいいですよ」
ゲストハウスなので普段はお客さんの人数によって同じ部屋に知らないもの同士雑魚寝なのだろう。自分のスペースは布団とその周りだけ。
だけど今日は二人しかいないのでまるまる12畳を使えるという事。
ならばハンモックのある方の部屋にした。IMG_8677.jpg
途中何も買って来れなかったと話すと近くに酒屋さんならあるという。
それはラッキー!ふつう人間て酒があれば生きていけますよねw
台風で閉める場合もあるというので先に急いでお酒とおつまみを購入。
宿の冷蔵庫に入れて外をぶらぶら。

さっき車を停めた目の前に温泉施設があったので汗を流しに入る。
IMG_8571.jpg
けっこう熱めなのであまり入ってられなかった。

お風呂を出て、さてどうしよう思ってると港の端に食堂らしきお店があるではないか。
お店のお母さんらしき人が店の外でくつろいでるので、何時からですか?尋ねると「はい、どうぞ」
そういえば五島に入ってからまだ食べてなかった「五島うどん」を注文。
IMG_8581.jpg 
すっきりしてるけどコクのあるあごだしで、麺は細くコシがある。
後味になんとなく油っぽさが残るような感じなのは麺に椿油が練り込まれてるせいなのか?
独特なおいしさ。
あとからポテトサラダもサービスでつけてくれて290円って。なんか申し訳ないです。。


ちょうど陽も落ちかけてきたのでこの先にあるビーチに向かってみる。車で10分くらい。
「高浜海水浴場」
ここは ”日本一美しいビーチ” に選ばれた所らしい。
IMG_8587.jpg 


「魚藍観音展望所」からの眺め。
IMG_8599.jpg 
うまく撮れませんでしたがパンフレットや観光案内などの写真はここからのものが多いようです。

IMG_8592.jpg


IMG_8611.jpg IMG_8621_20180910181728111.jpg 
 
IMG_8615.jpg CIMG1550.jpg 
このビーチにもはじめ誰もいなかったが、あとから男女7〜8人の学生さんらしき子たちがワイワイ。「すいません夕日をバックにシャッター押してもらえませんか?」と頼まれ、キメキメの顔とポーズだが逆光で表情は写らないよw





高浜から宿へ戻る途中、外の景色の異様さに車を止めてしばし絶句。
IMG_8658.jpg 
UFOが間近にでもいるのか、それともなにかの天変地異かと・・・





余韻をひきずりながら戻ると、港はこんなんなってました。。
IMG_8664.jpg 
向こうでタンカーでも燃えているような、、、ほんとすごい色でした


池島から連日すごい夕陽夕焼けを見ていましたが、上の2つは別格。
どちらも、空と水面に映った色とその間に挟まれた山のシルエットが幻想的。
上は、やわらかい色彩のグラデーションでこんなきれいな色の空は見た事ない。
下は、とにかく強烈なインパクトの彩度で実際の色はもっとすごかった!




IMG_8669.jpg 


宿に戻るともう一人のお客さんが共有のダイニングでご飯を食べていた。あじの開きをつまみに焼酎を飲んでいる。自分も荷物を置き、買っていたビールを出し参戦。

関東から来たというAさんは大手企業に勤めていて、休みもたくさんあるらしい。バツイチでお子さんもいて養育費を払ってるというが特に苦にしてるわけでもなさそうなのでおそらく高給取りなのだろうw 釣竿を持ってこの島を原付で回ってるらしい。原チャリで!?

「よかったらアジの開き焼きますよ」うれしいな〜この辺アジ釣れるんですもんね?どれくらい釣れました?と聞くと「あ、すいません、これスーパーで買ってきたやつです。安かったんで、、、」あ〜釣れませんでした?「そんな本気でやってるわけじゃないんで」と照れ臭そうに言った。
私の仕事を聞き「美容師さんてもっとおしゃれな所でおしゃれな遊びしてる人種だと思ってました」(わるかったなw)たぶんそうなのでしょうねwでもまれにこういうのも居るんですよw

アジの開きと、私と彼の持ってるつまみを全部広げ、焼酎をロックでいただきながらたわいもない話を夜遅くまでしたのでした。
IMG_8665.jpg

《つづく》

(T)





  1. 2018.09.12(水) _19:51:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

五島列島クラクラの旅 1

旅はまだつづきますw

【五島列島】・・・
gotou_basyo_l.gif 
九州本土の西に連なる主に大きな五つの島の総称
正確には五つだけではなく小さい島々もたくさんある。

Goto_Islands.png 
<Wikipediaより>



今回は最も大きい福江島へ。

佐世保から IMG_8465.jpg 

ジェットフォイルに乗って IMG_8472.jpg

五島福江港へ到着。 IMG_8480.jpg

港のターミナルは立派 IMG_8479.jpg 
とても台風がきてるとはおもえない天気。



朝からなにも食べてない。港近くの食堂に寄る。
IMG_8482.jpg 
「長崎ちゃんポン定食」950円也。
間違った。ここは五島「五島うどん定食」だった。
不本意ながらwちゃんぽん定食を平らげた(でもおいしかった)

レンタカー屋さんへ。
ひとりの時はなるべく車は使わないで公共機関や歩きで見て周りたいと思っているが、、、
周囲約130kmの島なので車で周りますw

基本走ればなんでもいいが電気自動車が乗ったことないのでそれにしようとしたが80%の急速充電で30〜40分かかるというので今回はパス。なら軽を借りようと思ったがなぜかヴィッツの方が安かったのでそちらにした。
すぐにシガーソケットがあるか確認。去年高野山へ行った時借りた車はシガーソケットがついていなかったので携帯の充電ができなかった。持って来たUSBチャージャーをシガーソケットに差し込む。私のiPhone5sはもう5年近くも使っているのでバッテリーがヘタってるし突然落ちたりする。なので今回はモバイルバッテリーという新兵器も導入。
IMG_9061.jpg
出力3Aの急速充電でこれを満充電にしておけば3〜4回は充電できるので助かる。歩きながらでもバックパックに入れたモバイルバッテリーに繋ぎながら使うことができる。

車のナビに福江島の中の地名を入れても全く出て来ないのはこれいかに?
極度の方向音痴なのでナビがないと全くわからない。スマホのGoogle先生を起動してレッツらゴー。



変わった山。芝なのだろうか? IMG_8485.jpg     

  IMG_8486.jpg なんかかわいい山だが「鬼岳」というらしい。



IMG_8488.jpg  IMG_8489.jpg

IMG_8495.jpg   



 IMG_8499.jpg
紺碧から青に変わる海のグラデーション、山の緑、空の青、雲の白・・・・完璧👍



きれいな山や海を見ながらゆっくり走ってると気分が良い。他に車はいない。
IMG_8492.jpg 
iTunesで音楽をかける。こんな道を運転してるといつも聞きたくなる曲。
『The Weight』
旅というと必ず聞きたくなる。完全に映画「イージーライダー」の影響ですねw




途中、教会を通り越した。”ルルド”という文字がみえたので引き返す。
 
<井持浦教会(ルルド)>IMG_8503.jpg

 IMG_8504.jpg IMG_8506.jpg
傍に掘られた井戸には聖地ルルドの泉のが混入され祝別されていて"第2のルルド霊泉地"だそう。



さらに車を走らせる。IMG_8511.jpg

福江島を時計に例えたら福江港は3時の位置。
そこから時計回りに来てここは7時と8時の間くらい。
地図で見ると、福江島の”西の果て”かもしれない。


<大瀬崎灯台>
IMG_8517.jpg 
ここからは歩いてあの先っぽの灯台目指します。


IMG_8519.jpg
 1.2km。足場の悪いアップダウンということを差し引いても片道20分位だろうか?

IMG_8520.jpg 木漏れ日の道を歩いて行く。
 時折ひらけた所から海が見える  IMG_8522.jpg
ここでも前にも後ろにも人は誰もいない。
しばらく進むと前から小学校高学年くらいの男の子が来た。すれ違いざま、こんちわと声をかけると、両膝に両手をかけ中腰で肩で息をしながら「こんちわ」と消え入るような声で返して来た。おおかたダッシュとかしながらきたんだろう、元気いいなあ。などと思いながら進むと、今度は30代くらいの男性が幼い女の子の手を引きながら笑顔で「こんにちは」と言ってきた。さっきの子のお父さんだろう。でも笑顔とは裏腹に髪は汗でびしょびしょあご先からは汗が滴っている。小さい子連れてオンブだのダッコだのしながら来たのだろう大変だな、などと思いつつ進むと、今度は同じく30代くらいのお母さんらしき女性が。もうお母さんにいたっては岩に寄りかかりまったくやる気なく、もう一歩も歩けないし一言もしゃべれないから絶対無理ほんと無理、というこの世の終わりのような顔で疲れ切った感を隠そうともせず、挨拶をすると目だけで目礼をしてきた。
そんなに大変かなぁ?と思った途端気づいた。自分が楽なのはさっきからずうっと下りだから。
ということは帰りは・・・

そうこうしてるうちに”木漏れ日ゾーン”終了。IMG_8523.jpg

ここからは”炎天下ゾーン” 日陰は全くなくなる。
IMG_8526.jpg    IMG_8525.jpg 
まだあんな先ですよ、、、

歩く歩く灯台目指して。やはりひたすら下ってる。行きはよいよい、、、
IMG_8531.jpg IMG_8536.jpg


IMG_8533.jpg  IMG_8535.jpg


IMG_8539.jpg
だんだん近づいて来た。


IMG_8543.jpg   IMG_8541.jpg
なんかちょっとこわいぞ。柵もなんもないから落ちようと思えば落ちれるぞw

IMG_8546.jpg    IMG_8547.jpg
線で見えるのが歩いて来た道。

IMG_8544.jpg ここが唯一の登り。

IMG_8553.jpg 

 IMG_8549_20180909192526867.jpg  IMG_8556_20180909192529bbb.jpg

IMG_8551_20180909192528241.jpg

灯台の根っこから海を見渡してたら足がすくんできた。
特に高い所が苦手な訳ではない。海上50mからバンジーした時も特に怖くはなかった。
ただでさえ風の強い所なのだろうが台風の影響かけっこう強くなってきた。
切り立った断壁。
まったく誰もいない。
この雄大な自然を見ながら、”こんなのに人間がかなうわけない" と今更ながら感じてしまった。ふだん考えもしないが何故かこの時ひしひしと実感してしまった。
怖くなった。おそらく恐怖ではなく、自然に対する ”畏怖” 。
いろんな島に行ったし同じような場所にも行ったことはある。だけど正直こんな気持ちになったのは初めてかもしれない。
怖いもの知らずの時期を経て年齢とともにいろんな”怖さ”を知ってしまったためだろうか?




IMG_8561.jpg 
帰りがこれまたこわいな〜、この下り。
時折突風も吹いてくる。

そのあとは、やはりひたすら登り。汗だく。
行きですれ違った小学生の気持ちがわかった。
彼らと同じようにずっとあご先から汗が滴り落ちていた。

それにしても行きも帰りも結局あの家族以外とはまったく誰とも会わなかった。




やっと駐車場に着き、しぼれるほど汗だくな服を着替え、車のエンジンをかけ冷房をマックスにし流れてきたラジオに耳を疑った。
0対15。
夏の甲子園100回大会決勝、秋田金足農業対大阪桐蔭。
行く前はまだ0-3だったので逆転してくれるかと思ったが・・・
今年も”白河越え”はお預け。

でも十分、今年の夏を盛り上げ楽しませてくれました。
ありがとう、おつかれさま!


《つづく》


(T)





  1. 2018.09.10(月) _21:25:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

北海道が地震・・・

朝のニュースでびっくりしました。

震度6。
全域で停電。
土砂崩れ・・・

北海道のお友達何人かには、メールで安否確認ができました。

みんな、今まで経験したことのない揺れだった、と。

そうですよね・・・札幌なんて特にあまり大きな揺れがない地域だし。
しかも地震は寝静まっている深夜。

どんなにか怖かったことでしょう。

一刻も早く、行方不明の方が救出されるよう願います。


(S)

  1. 2018.09.06(木) _14:16:06
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP