.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --.--.--(--) _--:--:--
  2. スポンサー広告
  3. [ edit ]

生きざま

『生まれてきたときあなたは泣いて周りは笑っていたでしょう。
だから、死ぬときはあなたが笑って周りが泣くような、
そんな人生を送りなさい。』

 (インディアンの言葉)


この言葉を思い出しました。


たいへんお世話になった方が亡くなられました。

物静かで、いつも優しい笑顔で、自分のことより人のことを心配してくれる。
けど芯が強く気丈で凛としている。

ある人は「マリア様のよう」と言っていた。
自分もそう思う。。。




病床で、耐えがたい痛みや苦しい時でも人を笑顔で迎え入れてくれる。
それは見舞客にでも看護師さんにでもおなじ。
ある看護師さんには「ここに来るとホッとする」と言われたそう。

ある日、小さく切られたスイカを持っていくと付き添いの方に、食べる?と聞かれ、その時はかなり体調が悪そうではじめ、いい、と言ったのですが、数分して思い直したように、やっぱり食べる、とムクッと起き上がり一生懸命食べてくれ、食べ終えた後私の方を向き「Tさんおいしかったよ」と微笑んでくれた。
せっかく買ってきたのだからと無理して食べてくれたのだろう。ほんとは薬の副作用で食欲も全くなく吐き気もあり水を飲んでも苦く感じるほどだった、というのを後から知った・・・


「ゾークの母になろうと思ったんだけど逆に迷惑かけてしまって、、」とおっしゃってくれ、その時わたしは最大限の感謝の気持ちを伝えよう思ったのだけれど、それを言ったらこれで最後になるような気がして躊躇して結局言わないでしまった、、、、、、
それが心残り・・・・




1C001C96-43CA-4C52-9E99-1A62D291856A.jpg 



亡くなった後のことは全部ご自分で決めた。
しかもご遺族や周りの方が極力たいへんにならないように配慮しながら。

ご自分の中で整理がつきいよいよという時、延命を拒否した。

それでもそれからだいぶ頑張って、
「こんなに頑張ったこんなにかっこいい患者さんは見たことない」と言われたそう。




最期も ”逝く日” を自分で決め、旅立ったような気がします。

自分で運命を受け入れ、そしてコントロールして・・・




      
「今日は死ぬのにとてもいい日だ」

生きているものすべてがわたしと調和している
すべての声がわたしと歌をうたっている
すべての美がわたしの目の中で休もうとして来る
すべての悪い考えは立ち去っていった

「今日は死ぬのにとてもいい日だ」

わたしの大地はわたしを穏やかに取り囲んでいる
畑には最後の鍬を入れてしまった
わたしの家は笑い声に満ちている
家に子供たちが帰ってきた

うん。
今日は死ぬのにとてもいい日だ

 (インディアンの言葉) 
               



595A9636-C06A-419B-AEFB-3BE41F07A9BA.jpg 



じぶんはこんな立派にできるだろうか。

こんな”覚悟” できるだろうか?




” 死に様って生きざま ” ってこと。





かっこよかったです。。。




(T)




四十九日。合掌。





スポンサーサイト
  1. 2018.07.30(月) _15:29:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

秋田より

長年ZORKにご来店いただいていたお客様。

現在は秋田にご家族でお住まいです。

そんなIさんファミリーが久しぶりにZORKによってくださいました(((o(*゚▽゚*)o)))

秋田も雪模様だったらしく、車も渋滞、小さいお子さん連れにはさぞかし大変だった事でしょう。


お土産もいただいてしまいましたっ!!
IMG_6629.jpg
” 若返りまんじゅう”

もぉ〜、このネーミングだけで私は買いです!
”一つ食べれば三日若返る” 
ぜひその恩恵にあずかりたいですっ!!

この若返りまんじゅう、全菓博栄誉大賞・金賞受賞という輝かしい実績もあります。
しっとりとした食感で、甘さも控えめo(^▽^)o
無形文化財・西馬音内盆踊りで有名な場所にある、泉栄堂さんのお菓子です!



fc2blog_20161211180456f1d.jpg
” いぶりガッキー ”

このネーミングもインパクトがありますね!
秋田名物・いぶりがっこをドライスティックにしたものです。
これさえあれば、いつでもどこでもいぶりがっこを楽しめるんです(」*´∇`)」



IMG_2777.jpg
こちらも秋田で作られているフィルムカレンダー。
あの藤城清治氏のカレンダーではないですかっ!!
やっぱり細かい〜
IMG_2776.jpg


お心遣いありがとうございました!

予定通り、仙台を楽しんで帰られたでしょうか?
またお会いできる日を楽しみにしております+゚。*(*´∀`*)*。゚+



(S)




  1. 2016.12.12(月) _06:51:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

Apple

巷では Pen-Pineapple-Apple- Pen が流行っているようですが・・・。

IMG_2552.jpg
こちらのApplesは、お客様のお庭にある林檎の木に今年実ったものです!!
昨年もいただいたのですが、今年もパリットして美味しかったです(((o(*゚▽゚*)o)))

大切に大切に育てていらっしゃって、強風・鳥さん達との攻防戦、それらを耐え抜いたApples
ありがたくいただきました!!



(S)


  1. 2016.11.10(木) _07:18:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

紅葉を満喫!

諸橋近代美術館のある磐梯山付近もちょうど紅葉の季節でした!!


IMG_1723.jpg

五色沼から磐梯吾妻レークラインで中津川渓谷へ。
紅葉が綺麗に見える場所らしいので。

噂通り、観光バスも沢山きてましたし、駐車場もいっぱいの賑わいです!
IMG_1733.jpg
駐車場付近でも十分紅葉は綺麗でしたが、どうやら皆さんの目的は谷に降りてい行く事のようです。
わたしも人の流れに続き降りて行く事に・・・。その後おこる太ももの悲鳴など、この時は思ってもいませんでした。

写真を撮るのを目的にいらしている方達も沢山いましたね。
三脚を肩に乗せ、熊よけの鈴でしょうか?リュックでいい音させてました。

降り始めてまもなく、あ・・・これはなかなかの苦難の道かも・・・と不安になり始めました。
下り坂、一段一段がけっこう高さあるんです。
途中で引き返してくる方も・・・。
大丈夫か〜?自分・・。
日頃から登山や体を鍛えている方達は、サクサクと降りて行ってます!凄いな〜〜。尊敬の眼差し光線!
それに比べて運動不足のわたし・・・、ふらつきながらも足場を探し、なんとか頑張って降りて行けました。

頑張ったかいあって、美しい紅葉!
IMG_1742.jpg
これは写真を撮りに沢山人が来るのも頷けます。

流れる水も綺麗です!
IMG_1746.jpg
しばし美しい自然の中でリラックス。


でも・・・

降りて来たという事は・・・登らなければなりません・・・。

あの段差、足上がるかなーー?

不安。

いざっ!!!

  ・
  ・
  ・
き つ い・・・思っていた以上にしんどい。
こんなに太ももを持ち上げたのは富士登山以来でしょうか?


なんとかかんとか元の場所へ戻る事ができ、涼しい秋が汗かく夏に変わった時間でした。


(S)



  1. 2015.10.23(金) _22:00:55
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

ナビの精度・・・

自慢じゃないですがわたくし極度の方向音痴でして、、、

しかし昨今は”ナビ”というものがあるので何も考えず口を開けて鼻水垂らしながら運転していても ”右” ”左” と指示どおり行っていれば目的地には到着することができるわけで。ただウチの車のカーナビは全然更新していないので新しい施設や新しい道は出てこず不便なことも。そこで今時はスマートフォンが便利でナビアプリを使えば最新情報が分かる、知らない土地へ遠出する際は専らこのナビアプリを使っています。

で、そのナビアプリなのですが、首をかしげる事が多々。
賢いのか賢くないのか・・・いや多分賢すぎて屁理屈が多いタイプでしょうw

例えば、
この国道を真っ直ぐ行けば着くな、などと思っていると「ここ右折です」とナビ。
そうなん?と思いながらナビ通り行ってみると、その国道と並走する狭い側道に入り1kmくらい走ったところでまた先程の国道と合流してみたり、マニアックな狭い抜け道や山道や農道みたいなところをけっこう勧めてきたり、、、、
渋滞時なら分かる気もするが自分は平日休みなのでほとんど混んでることはないし。
まあ最短ルートを教えてくれているのだろうから多少の時間短縮にはなってるのだろうが、対向車来たらどこですれ違う?などと考えながら運転しなきゃならない道より、数分~数十分くらい余計にかかっても良いから、のほほんと口を開けて鼻水垂らしながら行ける王道の道の方が個人的にはよいのだが。。。

極みつきはこのまえ。
道路の案内板も直進を示し、目的の施設っぽいものも正面に見えていた。
が、ナビは「右折です」。ん?一瞬戸惑ったが、私は極度の方向音痴、一方ナビは天下のGoogle様。従わない理由がない。現にいままで変な道を通らされはするが目的地に着かなかったことはない。でも明らかに目の前の施設が目的の場所だとは思うのだが、一体どこに連れて行くのだ?という期待と、天下のGoogle様が間違うのか?という意地の悪さも相まってナビ通りに行ってみることに。

まず右折し狭い道へ、さらに左折し対向車とギリすれ違えるくらいのより狭い道へ。
そしてここから先は舗装道が終わり、"わだち"が2本。


ストリートビューでもこの先は行ってない。
それでもナビは「直進」と言ってくる。

さすがにこれは間違っただろ?
でも一体どこへ連れて行く気だろうと思いソロソロ一本道を行ってみる。50mほど進んだところで「目的地周辺です」とのたまう。どこが?
ソロソロもう少し車を進めてみると左手に門らしきものが。確実にお客さんをお迎えするような門ではなく裏門的な大きな鉄条門のようなもの。鎖がぐるぐるにまかれ南京錠がかけられてる。もう少し行けばちゃんとした入り口があるのか?と思いさらに進んでみる。ゆるやかなカーブになっているので先が見えない。ソロソロ進む。もう完全に両サイドは田んぼ。ちょっとしたあぜ道。脱輪したら終わり。もし対向車が来たらどちらかがずっとバックで戻るしかない。もうここに入り口はないと悟る。カーブを曲がり切って先が見えた。白いガードレールが見える。あそこまで行けばちゃんとした道に出れる。ただここからだとガードレールの切れ目が見えない。出れるのか?もし行き止まりで出られなければ今きた500mほどのゆるやかなカーブ道をずっとバックで戻らなければならない。

願うようにソロソロ行ってみると端の方にガードレールの切れ目が見えたた!ほっとした。大きい道に出られた。
その道をほどなく行くと、、、、
立派な入り口があるじゃないですか!大きな駐車場も!

おそらく標識どおり直進していれば、ほんの数十メートルでこの入り口に到達してただろうに。
まあ表門か裏門かの違いはあるが場所的には間違ってはいないのだろうが・・・



なにゆえ?Google様は苦難のイバラの道をお与えに??
(T)
  1. 2015.10.18(日) _22:06:05
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。