.

劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。

fc2blog_20181031102159b26.jpg

という事なので、さっそく先日観てまいりました(((o(*゚▽゚*)o)))


実は私、大昔にロンドンで “オペラ座の怪人” 鑑賞済。

当時は、なーんの知識もなく、マスクのポスターに惹かれて観てみよう!と、軽い気持ちで(´∀`*;)ゞ

英語全くわからない私・・・
何を歌っているのかは、一切わからず・・・(つД`)ノ
でも流れで、こんな私にでもとてもざっくりとしたあらすじは理解できます。

セリフは理解できなくても、会場のゴージャス感。
生のオーケストラの演奏。
舞台装置、中でも巨大シャンデリアのインパクト!
衣装やヘアメイクの華やかさ。
そして素晴らしい歌声。(o‘∀‘o)*:◦♪

その世界感に十分満足した作品でした!


17年前に仙台へこのオペラ座の怪人が来た時は、昔観たからいいか・・・と、思いながらも、ちょっと惹かれていた私です。

そして今回‼️
やっぱり日本語でちゃんと歌を聞いておきたい・・
細かい人物関係とか、全くわかっておりませんでしたから・・・(。-_-。)

いやぁ〜、すっきり!!!
ざっくりとした、私のあらすじは、今回の鑑賞でとても細かく理解することができたのでした(*´∀`人 ♪

有名なテーマ曲では、やっぱり鳥肌たちますねー‼️

怪人とクリスティーヌが船で地下へ向かうシーンはとても幻想的‼️

会場も満席。



オペラ座の怪人は凄かったです!!(っ*^ ∇^*c)



(S)








  1. 2018.11.01(木) _19:00:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

バリエーション凄い‼️

fc2blog_2018101816110416a.jpg 

厳美渓からの一関での道の駅。

道の駅は、その土地ならではの珍しいものが買えたり、美味しいものが食べれたり、ちょっとワクワクするところ((∩^Д^∩))

どうやらブルーベリー農園もあるらしく、さっそくブルーベリーソフトを!
fc2blog_20181018160516b75.jpg 
色もあっさり・味もあっさりのブルーベリーソフトでございました(゚∀゚)


ソフト食べながら何気にテーブルの上にあった紙を眺める・・・

うん??

fc2blog_2018101816060371c.jpg 
もちバイキング????

毎月第4金曜日に開催中らしいですよ!!
お値段 900円。

私の頭の中では、お餅って、アンコ、ずんだ、胡麻、しょうゆ味、納豆・・・・
思いっきり考えてもこのくらいしかでてきません。
他に何かあったであろうか??
果たして少ないバリエーションでそんなにたくさん食べれるのであろうか??

と、初めて目にするお餅バイキングに釘付けに(´∀`*;)ゞ


そこにもう一枚の写真を発見!!
fc2blog_20181018160649469.jpg 
なんと‼️9種類のお餅が一度に楽しめる御膳がありました(*゚Q゚*)

えび やいなりというのもあるんですねー!!
生姜も食べた事ありませんし。


どうやら一関は伊達藩から伝わった餅の食文化が受け継がれている地域らしいです。
なので、餅バイキングができるくらいお餅の種類もまだまだ沢山あるに違いありません!


さっそく帰りに生姜味のお餅ゲット。
fc2blog_20181018160730de2.jpg

初めて食べましたが、とっても美味しかったです((∩^Д^∩))


あぁ・・・食欲の秋。

欲望のコントロール・・・難しいわぁ〜。゚(゚´Д`゚)゚。


(S)

fc2blog_201810181611550b1.jpg 




  1. 2018.10.22(月) _06:23:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

紅葉はまだのようです

先日、栗駒山へ行って来ました。
秋田側から小安峡を見て栗駒山荘に入りましたが紅葉はまだでした。

まだというか山頂の方は色づいてるのですが、というかくすんでもう終わりのような感じ。
なのですが、その下の中腹から下はまだ全然という感じでした。
IMG_9129.jpg  IMG_9130.jpg


景色を眺めながら入る露天風呂はほんと気分が良いです。
sansoufuro.jpg 
                栗駒山荘HPより



昼食は「赤べこ丼」なるものを注文。
IMG_9132.jpg 
肉はおいしい。


関係ないですが、
山荘の向かいにある土産物屋さんがかなりコアですw
雑多なものがたくさん売っていておもしろい。
この辺で採れた山菜や地元のお土産を売ってるのは良いのですが、インディアンの木彫りとかアフリカ系のお面とか、ここと何の関係が?と???のつくようなものもたくさんありましたw



帰りは一関側から下り、厳美渓へ。
IMG_9155.jpg  IMG_9143.jpg

IMG_9157.jpg


ご存知、空飛ぶダンゴ。
IMG_9150.jpg 


向かいに”場末感”たっぷりのガラス館。
IMG_9166.jpg 
なにげにおもしろかったです。



紅葉の見頃はもうちょっと先のようですね。


(T)




  1. 2018.10.19(金) _22:57:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

エルジューダ ポイントケアスティック

fc2blog_20181012174646baa.jpg

発売されました!!

分け目や、前髪周辺、まとめ髪をした時・・
短い髪の毛がパヤパヤと気になる事、ありますよね!

アホ毛 なんて言う言葉もありますしね。((^∀^*))


ケア成分 トレハロースジェルが、固めないで短い毛を馴染ませてくれます!

マスカラタイプなので、使い方も簡単。
持ち運びも苦になりません。


お試しください。ヾ(o´∀`o)ノ


15mL.  1500円  (税抜き)



fc2blog_20181012174746e46.jpg 

  1. 2018.10.13(土) _11:12:48
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

久しぶりの松島。

先日、東京からお友達が遊びに来てくれました\(^o^)/

こんな時、いつもどこに連れて行こうかなぁ〜   と悩むのですが、やはり日本三景・松島ははずせませんっ!!

ところがこの日は生憎の雨でございました・・・(;д;)

小雨ではなく、しっかりと傘をささないとダメなくらいの雨。

ま、仕方ありません。
そんなお天気ではありましたが、お連れしました松島へ。((^∀^*))



私自身も何年ぶりかの松島。
雨のおかげで観光客の姿は少なかったですが、そんな松島も新鮮でした。

fc2blog_2018101216521626c.jpg 

お友達から食べてみたい!とリクエストを受けていた かき丼  も食べさせてあげれましたし。

瑞巌寺もガイドさんのいるツアーの後ろを歩いてたら、解説も聞けてしまいましたし。

瑞巌寺出たところのお店で、ものすごい種類のソフトも堪能できましたし。
fc2blog_2018101216551469d.jpg fc2blog_201810121654146ec.jpg
ちなみに私は、色は白いのにコーヒーの味がするというソフトを。(ノ)’∀`(ヾ)

カモメに餌やり禁止になった遊覧船にも乗せることができましたし。


雨に煙る松島も案外よかったです。
次回はぜひ晴れた日にお連れしたいですが・・・



そうそう!
以前からお客様より美味しいよーー!と聞いていました、回転寿司の塩釜港!

今回初めて行くことが出来ました(」*´∇`)」

時間帯がよかったのか、店内も空いていて待つことなく入れました。
噂通り、ご近所の回転寿司では食べることができないメニューがたくさん!!
ネタも新鮮で大きいですねー

大満足でした(o‘∀‘o)*:◦♪


fc2blog_20181012165317efc.jpg 


(S)



  1. 2018.10.12(金) _22:58:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

いまさらですが・・・

今年の夏の甲子園、秋田・金足農業高校に盛り上がりましたねo(^▽^)o

残念ながら優勝できませんでしたが、しばらくは金足ブームが続いておりました。

その一つ、秋田のローソンさんでしか売っていない、金足農業高校開発商品、

       その名は  ”   金農パンケーキ “  (o‘∀‘o)*:◦♪

金農人気のため、再発売されてたようです!

秋田ご出身の方や、お友達が秋田にいらっしゃる方はさっそく地元から送ってもらったり。
案外美味しいと聞いておりました!



先日、台原のローソンに入ったら・・・

おっ??
ありました。

fc2blog_20181003123733f5b.jpg 

もちろん、早速お買い上げでございます。(ノ´▽`*)b☆

“醤油入りの生地でりんごをサンドした甘じょっぱいパンケーキです”

と、解説あり。

開けて見ると・・・
fc2blog_201810031239110e6.jpg 

・・・・・パンケーキと言うよりは、どら焼きのようなお姿・・・(;゜0゜)


で、そのお味は・・・

確かにほんのりしょうゆの風味があって、美味しかったですp(*^-^*)q


裏には金農校是が書かれておりました!!
fc2blog_201810031238294aa.jpg 



来年の甲子園もぜひ活躍してもらいたいです。
もちろん、他の東北の高校も!!

(っ*^ ∇^*c)



(s)





  1. 2018.10.04(木) _09:58:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

ハロウィンアレンジ

いつも素敵なアレンジをしてくださる、花こふれさん。

今回はハロウィンに向けてのアレンジです!

fc2blog_201809281644252a0.jpg 
ビビットなオレンジは少なめで・・という希望を叶えていただきました!



昨年までは、お店のハロウィンディスプレイも10月に入ってからしておりましたが、9月に入ったとたん、普通の病院でさえも、ハロウィン飾りをしているのを目にし、あれ?10月じゃ遅い??(゚△゚;ノ)ノ

と、ZORKも世の中の流れに合わせて早めのディスプレイとなりました(#^.^#)

fc2blog_201809281642323f7.jpg 





そしてご好評の花こふれさん新作です+゚。*(*´∀`*)*。゚+

前回のはすぐに売れてしまいました。
この可愛いデザインと小ぶりなサイズが、どこにでも飾りやすいと評判です!

前回の寒色系シリーズとは違い、今回は暖色系シリーズとなっております。
fc2blog_20180928164355c6d.jpg fc2blog_201809281643053a2.jpg

お値段 1200円(税込)


ちょっとしたプレゼントにも大変喜ばれると思います。ヽ(´∀`)ノ








  1. 2018.10.03(水) _07:42:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

五島旅5<ちょこっと長崎編>


長崎の港に着いたのは夜。小雨が降ってる。久々都会に来た感じ。
IMG_8864.jpg ファッションビルのネオンが眩しい。



洒落た港街ですね。
IMG_8868.jpg  IMG_8890.jpg 

 
IMG_8889.jpg IMG_8884.jpg
波止場にはおしゃれなお店が連なってます。


でもそこはおっさんなので迷わず居酒屋へ。
おっさんなのでとりあえず "中生" ひとつ。

肉を食べたいと思ったがどっぷり海鮮系の居酒屋だった。
IMG_8894.jpg

お腹がいっぱいになったところであとは寝床を探さねば。
ここは都会なのでネットカフェ、ビジネスホテル、なんでもある。
でもそこはおっさんなので "サウナ” をチョイスw

IMG_8871.jpg

翌朝、街中をぶらぶらしながら港のターミナルへ向かう。
本日『軍艦島ツアー』へ参加。
本当は前日のツアーの予定だったが台風で中止になり自分も島から出られなかった。
一日帰りが伸びたのをいいことにツアーも翌日に予約し直しておいた。

IMG_8901.jpg IMG_8902.jpg

ターミナルに向かう途中かなり風が強いので、これ本当に船出るのかな?と思いつつ、風が強いと揺れて船酔いしそうなのでお腹に何か入れておかなければと思い、通り過ぎて来たコンビニへ戻ってサラダとパンとコーヒーを買う。

ターミナルに入ると人だかりが目に入る。
軍艦島ツアーの窓口の前怒号。「沈ねや、クソ会社。こっちは熊本から来とんや!」
どうやら中止らしい。
こっちは仙台からきてますけどね、w

前日、中止になった時はちゃんとメールでお知らせが来たり、HP上で朝7:30 まで告知されていた。今日の朝にどちらもチェックして来たが何もないのでてっきり今の今まで自分も出航するものだと思っていた。風が強くなってきたので急遽中止を決めたのだろう。
念のため窓口で確認すると、強風のため欠航、と。
次回の割引券と軍艦島のポストカードをくれた。

IMG_8906.jpg
「軍艦島クルーズ」を行ってる他3社も午前の便はどこもみな欠航のようだ。

軍艦島は規制されており個人では行くことができない。
なので認可を受けている4〜5社のツアーやクルーズ船に申し込んで行くしか方法はない。

もともと軍艦島のワードに引っかかって長崎に行こうと思ったのだが、規制で島を自由に見れないと分かりテンションも下がり自分の中での優先順位が今回最後になってしまった。
なのでもしかしたら台風とぶつかるかもしれない最終日にしたのも、最悪行けなくなることも想定してのことだった。

でも改めてGoogleのストリートビューで見るとゾクゾクします。
軍艦島。
デカダンスな匂いがプンプン。
いずれは行ってみたいですね。
自分もおそらく廃墟マニアの ”気” があるのだと思いますw。


軍艦島ツアーが中止になって時間が空いてしまった。
帰りの飛行機までの時間は2〜3時間。 「しか」 ととるか 「も」ととるか?
とりあえず長崎というと、、、思いつくのは、
「眼鏡橋」・・「平和公園」・・「オランダ坂」・・以上。
思いつくところに行くだけ行ってみよう。窓口で観光マップをもらう。方向音痴だった。見てもわからん。Googleでナビってもらおう。ナビつけっ放しだとバッテリーなくなるのにビビるが今回はモバイルバッテリーという味方がいるので怖くない。この時、数人の知人友人から「台風大丈夫?」メールがなぜか固まって来た。なんで今?と思いつつ返信などをしてたらやばいやばい時間ないのに。

港を出る頃には皮肉にも晴れ間が出て来た。

IMG_8907.jpg




「眼鏡橋」まで歩いてみる。15分から20分くらいだろうか。

お、♪カステラ一番電話は二番〜の『文明堂』!
IMG_8911.jpg




 <眼鏡橋>
IMG_8920.jpg   IMG_8923.jpg
正面から見たり、
 
 IMG_8937.jpg IMG_8935.jpg
逆から見たり、

IMG_8928.jpg IMG_8929.jpg
横から見たり、渡ってみたり、

IMG_8942.jpg IMG_8940.jpg
下から見たり。。。眼鏡橋を堪能。



お次はオランダ坂へ向かう。
歩きだと20〜30分位かかりそうだ。
暑いし、さっきから見かける路面電車にも乗ってみたい。
IMG_8949.jpg IMG_8952.jpg
料金は一律150円らしい。



<オランダ坂>

けっこうな急勾配。
IMG_8957.jpg IMG_8959.jpg  

IMG_8960.jpg 

山の斜面にびっしりお家が建ってる。
IMG_8964.jpg  IMG_8967.jpg

甲子園によく出てくる「長崎海星高校」があった。
IMG_8968.jpg    IMG_8966.jpg

 オランダ坂は "がっかりポイント" などと言われることもあるそうだが、
石畳の坂道、異国情緒のする洋館、見える景色も面白い。
なんか雰囲気があってちょいと素敵だと思うのだが・・・。
 
 IMG_8976.jpg



路面電車から降りてオランダ坂へ向かう途中『グラバー園』という看板があった。
聞いたことある、長崎を代表する観光地であることもなんとなく知ってる。
とりあえず行ってみよう。
IMG_8984.jpg   IMG_8987.jpg
車じゃなくてもGoogle先生は表通りではなくこういう裏道を案内してくるのね
ま楽しいけど。

細い路地を抜けると、
IMG_8988.jpg 


<大浦天主堂>日本最古の教会。   グラバー園>
IMG_8989.jpg    IMG_8993.jpg

ここは今回行った中で一番観光客がいる。ファミリー、カップル、etc・・・
今までが全然人が居ない所ばかりだったので、なんか慣れずに居心地が悪い。
早々に退散。


IMG_9001.jpg   IMG_9006.jpg
この坂から見える海の景色がいいですね。



ここから路面電車を乗り継いで「平和公園」へ。

なかなか電車が来ないので、乗り換えの停留所まで歩いた。
IMG_9012.jpg   IMG_9017.jpg   
IMG_9019.jpg


「平和公園」はここから長崎駅を通り越して何駅か先。
時間を見るとリミット30〜40分くらいしかなくなっていた。
迷う。がその時間が勿体無い。一か八か行ってみる。
路面電車の停留所は長蛇の列。なんで?外国人の団体さんのようだ。
みんな「長崎駅前」で降りたが、同じくらい人が乗って来た。
大人数の乗り降りで結構時間がかかる。



<平和公園>
IMG_9028.jpg  IMG_9038.jpg

IMG_9044.jpg IMG_9045.jpg

IMG_9022.jpg
頭を垂れて手を合わせる。



もう急いで帰りの路面電車に乗る。数十メートルおきに停留所があるので速度はかなりゆっくり。空港行きのリムジンバスに乗れるかどうか1〜2分の戦い。ネットで調べたダイヤは30分発。
電車を降りたのは31分。遅れててくれー。でも乗り場を知らない。とりあえず駅前のバスプールへ行き空港行きのバス停を探すがない。サラリーマン風の人に聞く「ここから出るとおもいますよ」でも乗り場が見当たらない。近くのお店で聞くと歩道橋を渡った反対側のバスターミナルだという。猛ダッシュ!バスターミナルに着き窓口で聞くと1分後に出るバスがあるという。35分発。助かった。結果的にアプリで調べたダイヤの時間と5分違っていた。ともあれギリギリでなんとか無事乗れた。

高速の出口付近が渋滞してる。
まったくバスが動かなくなってしまった。運転手さんの説明だと、ETCの料金所の出口の何かが故障して使えないらしいとのこと。自分の乗る飛行機の時間まで間に合うだろうか?リムジンバスなのでみんな空港に行く人たちばかり。自分と同じ便に乗る人たちも多いのだろう。ザワついてきた。「こういう場合飛行機って待っててくれるんかな?」「待ってくれんやろ?」という会話が後ろから聞こえてきた。
でもなんとかギリ空港につき搭乗開始してると思い急いでいったら、今度は飛行機が遅れていて逆に待たされたw


飛行機に乗り、関空に到着。
台風19号は五島の脇をすり抜けていったが、台風20号が関西に接近してる。
途中ずっと格安LCCのキャンセル待ちにネットでアクセスしたがまったく取れそうにないので見切りをつけ、大手の航空会社のチケットを買った。


大手航空会社の飛行機は伊丹から出るのでリムジンバスで伊丹へ移動。
IMG_9053.jpgこの橋が数日後タンカーがぶつかって壊れるとは、、、



伊丹空港から飛行機へ乗り込む。ちゃんと空港内から飛行機へ繋がるボーディングブリッジで。
IMG_9048.jpg  
最近は格安LCCに慣れてたので飛行場へ降り直に乗り込むスタイルだった。


とりあえず大阪まで来てしまえば陸路(新幹線、高速バス・・)でも最悪帰れると思い調べてみたのだが、バスや新幹線の値段よりも今回取ったLCCの航空運賃の方が安かった。
ここ数年毎年LCCには乗っている。LCCの値段は変動するのでそれでも今年取った料金はちょっと高かかったと思ってたのに。やはりこの安さは魅力的ではある。今回取った大手航空会社のチケットはLCCの料金と比べると4倍近い。ただそのぶんLCCの応対やサービスやアフターケアなどは期待できない。それもすべて、この安さだからしょうがない、になってしまうのだろう。
LCCはなんでも自分でやらなきゃだめ、大手は言ったことや足りないことをあちらでやってくれる。さしずめ、なんでも自分でやらせるスパルタママと、わがまま言ってもなんでもやってくれる優しいママ、の違いという感じだろうかw。空港での職員の対応も違った。あと客層も全然違う。大手はマイルが貯まるからかビジネスマンが多い感じ。

久しぶりに大手の航空会社の飛行機に乗って、座席広っ!と思ってしまった。
今まで海外へ行った時の飛行機の座席でも狭くて窮屈だ、としか思ったことがない。もちろんビジネスだとかファーストだとかは乗ったことないので。初めてLCCに乗った時も狭いとは感じたがたしかどこもこんな感じだったなと思っていた。記憶では大手でもどこも狭いという印象しかなかった。
ちなみに往路で乗ったLCCは、私が背もたれにピタ〜っと背中をつけ腰を直角に立てて座っても膝が前の座席に付いていたw。でも今回久々に乗った大手は膝が付かなかった。
思いがけず今更ながらLCCと大手との違いがいろいろ実感できたw


IMG_8861.jpg 


今回は島へ行く都合上、当初の予定では6回ほど船に乗らなければならず、どうしてもその時間を主体に考えなければなりませんでした。気ままなようにみえて実はパズルのように緻密に構成した部分もあるのですw。

でも気楽に自由に動けること、いろんなことを考えながら動くこと、その土地の風景と美味いもの、そしてなんといっても人との出会い。お互いひとりだと声をかけやすいのでしょうね。
♪人間好きになりたいために旅を続けてゆくのでしょう〜♪
人間好きになるのもたいへんだ〜。


久々のひとり旅。
以前は毎年のように行ってたひとり旅。

改めてひとり旅の醍醐味を思い出した、よい旅でした。。。






長々と支離滅裂な文を読んでいただいてありがとうございました m(_ _)m  やっと、


<< 完 >>         ですw



(T)



  1. 2018.09.30(日) _20:17:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

五島旅4<アディショナルタイム>

もう飽きてきたとは思いますが私も疲れてきましたw。でも自分の旅の備忘録?としてアウトプットすることにより完結するような気がするので続けます。どうでもいいことをダラダラと自己満足で書き連ねていますので興味のない方はごめんなさい、すっ飛ばして下さい。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

翌朝、階下へ降りてくとすでに鮎川くんはパコパコキーボードを叩いている。
 女将さんが毎日焼いてるという自家製のパンと、コーヒーは飲み放題。
パン4枚コーヒー3杯頂く。

鮎川くんはまだ欠航の決まってない夕方の船に賭けるらしい。自分も欠航がまだ決定してない昼の佐世保行きに賭ける。今日欠航が決まってないのはその2便しかない。鮎川くんは夕方までまだ時間があるので電気自動車を借りて急遽、荒川の方まで行ってみるという。 
自分も間伏(まぶし)とか半泊(はんどまり)の方へ行ってみたい。
この地域は道も狭くて危ないので行かないで下さい、と昨日レンタカー屋さんに言われたところ。
fukue_issyumap.png 

女将さんに聞いてみると
「私もお客さんには行かないように言ってます。やはりレンタカー屋さんも行くなと言ってるのね」「間伏には移住者が一人だけ住んでいたけど噂でどこか別の所へ行ったと聞いたから今は誰も住んでないと思うけど」すると鮎川くんが「洗濯物干してあったから居ると思いますよ」そう鮎川くんは取材という名目で間伏まで行ってきたらしい。
女将さんも「ほんとはああいう間伏とか半泊とか誰もいない誰もこないところでのんびり暮らしたい」のだという。私も車は運転するけどバックできないでしょう(そうなんだw)だからなかなかあっちまで行きたくても行けない。でも一度だけ友達の運転で間伏に行ったことがあるの。不運にも対向車が来てしまって運転してる友達は前かがみで両手でハンドルを握って固まってしまい「わたし1ミリも動けないからそっちでどうにかしてくださ〜い」と対向車の相手に叫んでた」という。なるほどそういう人と対向車で出会うとそれは厄介だw。鮎川くんも「確かに道が狭いので所々ある待避所を確認しながら行きました」と。
そういえば荒川で出会ったAさんも荒川に来る前までは、半泊に居た、と言っていた。なるほどだから原チャだったのか!なぜ釣り道具や荷物があるのに原付を借りたのか不思議に思っていた。そうだ道が狭いなら原付で行けば良い。話を聞いてたらますますに行ってみたくなってきた。
女将さんに聞く、ここの近くのレンタカー屋さん原付もありますよね?「あると思うけど間伏まで行く気?Tさん何時の船だっけ?」、13時半です。「無理でしょう!」

撃沈。
やはり時間的に難しいか。逆に昼便の船が早々に欠航決めてくれてたら行けたのにw
きっぱりあきらめた。
ではこの中途半端な船までの時間をどうするか?


とりあえず外をぶらぶら。
港周辺が繁華街なのかと思っていたが、もしやこの辺が中心地? 市役所やアーケード街がある

IMG_8807.jpg  IMG_8808.jpg
市役所

 IMG_8740.jpg  IMG_8805.jpg


アーケード商店街
IMG_8813.jpg IMG_8815.jpg
誰もおらずシャッター商店街かと思ったらまだ開店時間前。お店が開き始めると人もだんだん増えてきた。このアーケード縦にけっこう長く、途中交わるように横にも伸びてた。
電気自動車のチャージポイントはそこそこある。IMG_8821.jpg 



そういえば妻に「ロザリオの良いのがあったら買ってきて」と言われてたのを思い出し、なんなら自分もかっこいいのがあれば欲しいなと思い、探すがこういう所ではあまり見つからない?


なら教会へ行ってみる。
IMG_8828.jpg IMG_8831.jpg
売店はあるらしいが開いてなかった。


一旦、宿へ戻る。
コーヒーを飲みながらくつろいでると、女将さんが買い物から帰ってきた。
この辺でロザリオって売ってます?と聞くと「うちで売ってますよ」と。へ?どこ?「そこ」指差した先にはガラスケースがありその中に7、8点のロザリオがあった。「ちょっと高いけどみんな天然石や天然モクを使っててモノは確かですよ」すべて数万円する。全部木でできてるやつがかっこいいなと思ったが、かなり本気モードでちょっと存在感ありすぎで、”これさえすればあなたも聖人” 的な立派なやつすぎてアクセサリーの域を超えてるw

「仙台はカトリックとプロテスタント、どっちが多いのですか?」と今まで聞かれたこともないような高尚な質問をされた。カトリックとプロテスタントの違いも以前たしか調べた憶えはあるが全く覚えてないし。すいません全然わからないです、でもよくカトリック系の学校とかって聞くからカトリックの方なんですかね〜?あ、すいませんでも今のぜんぜん適当です。やっぱわかんないです、というと「やはりカトリックのほうが多いんですかね。アメリカとかはプロテスタントの方多いんだけどね〜」と。おそらく女将さんはクリスチャンなんだろなぁ、と思った。

窓の外は街路樹が大きく揺れてきて、また風が強くなっている。
今回の台風19号はスピードが遅く勢力は大きい。なので五島の横を通り過ぎて行ったはずなのに台風の渦の端っこの方が引っかかり残りっ屁のように風がぶり返してきたりしている。だらだら台風の影響が収まらない。昼の便の船は大丈夫なのだろうか?と不安になる。特にジェットフォイルは波の高さが3mあると出ないと聞く。さすがにもう昼くらいになれば風も収まっていて確実に出航するものと思って疑っていなかったが、、、、
念のため飛行機の時間を調べると朝と昼と夕方の三便飛んでるようだ。だが三便ともすべて満席。とりあえず昼の便のキャンセル待ちをしてダメなら港へ戻って予約してある船に乗ろう。それをできる時間は充分にある。

そんな調べ物や作業をしながら女将さんと話をしていると、女将さんだんだん行政への不満になってきた。自分も調べ物ものが佳境に差し掛かってる時だったが、時折女将さんのほうに顔を向け相槌をうちつつ、それでもちゃんと話は聞いてた。こうだ。
国や自治体は、島の外から来る”移住者”にばかり多くの助成金なりをあげて元々島にいる人間には何もしない。移住者は若いアート系のような人が多くみんな楽しそうにいっときだけお祭りのようにお店やらイベントやら始めるが続かない。うまくいかなかったり飽きたりするとすぐ戻って行ってしまう。ちゃんと腰を据えてこの島で事業をしようなんて人は来やしない。そのくせ島で育った若い人はみんなよそへ出て行ってしまう。そっちにお金を使ったほうがよっぽどいい。この島は給料は安いが家賃は高い。わたしなんかここを始める前は仕事で普通の人よりもかなりたくさんの税金をおさめてきた(なんの仕事?)のにいざ辞めたらなんの見返りもない。外からポっと来た人の方がたくさんお金をもらえるなんておかしいでしょ。あら、なんか私愚痴みたいになっちゃったわね。普段こんなことお客さんに言わないのに、ごめんなさいね。

一家言持ってるのだなぁ。
自分はこの件に関して一家言もってないので頷いて聞いているだけだった。でもわかる。つまりは ”灯台下暗し” になってませんか?ということなんだろう。灯台に行ってきたから言う訳ではないがw。周りや遠くばかり照らして、地元の人達や子供は見えてますか?と言うことなんだろう。
どちらかと言えば自分的には移住者側の感覚だったので各地域のこういう制度は地元の人にも刺激があって地域も活性化して良い制度なのだと思っていた。でも中の人から見れば必ずしもそうではないのだなあというのが分かった。やはり物事って一方からしか見ないと見えないものがたくさんありますね。。。


そろそろ時間なので空港に向かう。
女将さんが車で空港まで送ってくれるという。「もし飛行機乗れなかったらまた戻ってきていいですからね。下のリビングならいつでも好きに使ってくれていいですから。あと昨日と同じ所も一応泊まれるように空けておきますから」と、とてもありがたいお言葉を。


空港カウンターでもらった空席待ち番号は33番。
これが待ち人数として多めなのか少ないのか見当つかない。なにげに、これって回ってきますかね〜?と聞くと「そうですねぇ〜、、」と苦笑いしたままだったのでたぶん無理なんだと悟る。
この昼便で結局呼ばれたのは6番〜15番まで。1〜5番は朝一の便で呼ばれたのだろう。この番号は夕方の最終便までそのままスライドして使えるらしい。

港に戻ろう。
予約している船の昼便の佐世保行きが出航してくれれば問題なし。空港のバス停でバスを待つが誰もいない上、来るはずのバスがこない。空港の人に聞くと一緒にバス停まで来てくれ「あ〜行っちゃいましたね。乗る人少ないから飛行機から降りて来た人乗せたらすぐ行っちゃうんですよ」たしかに空港と言っても小さく、日に数便しか来ないからバスもタクシーも飛行機到着の時間にしか来ないらしい。そのうえ空港には帰省の人には家族などが、観光客には宿やらレンタカー屋やらダイビングショップやらの車がだいたいは迎えに来ている。フリーでバスやタクシーに乗ってくというのは少ないのだろう。「タクシーいるからあれに乗らないと」と言われ迷ってると「もうあの一台しかいないから早く乗らないと。あれも行っちゃうと電話でタクシー呼ばないと来てくれませんよ!」と。空港なのに?常時タクシーっているものだと思ってた。追い立てられるように勢いでタクシーに乗った。

タクシーの運転手さんにキャンセル待ちで飛行機に乗れなかったことを話すと「ちっちゃか飛行機やけん30人も乗れんのやなかかな〜」そ、そうなんですか?30人しか?「だってプロペラ機ですけん」プロペラ?ここは離島そんな大きな飛行機のはずないか。以前にも九州の離島に行った時フェリーが欠航になりあわてて空港に行ってキャンセル待ちし乗った飛行機が "YS-11機”というプロペラ機だった。
それにしても30人乗りの飛行機で空席待ち33番ってw

タクシーを港の少し手前で降り少し歩いて港へ向かった。
なんか風がまだかなり強い。電話が鳴る。予約していた船会社からで「昼便の佐世保行き只今欠航決まりましたのでお知らせします」。夕方の欠航してないもう一便、長崎行きの船会社に電話をしてみる。「今日は全便欠航が決まっております。ちなみに明日の朝1便と2便も満席でございます」
ヤバイ(; ̄◇ ̄) 
この時すごい焦った。明日の昼までには長崎に着いてないと飛行機間に合わない。今日の船はもう無い。夕便の飛行機も無理そうだ。
もう狙うは明日の朝一の船&飛行機のキャンセル待ち。こうなったら明日朝開館前から並んで絶対1番取ってやる!1番ならほぼ確実に乗れるだろう!決めた。船の朝イチ7:30、飛行機は10:30。船欠航ならすぐさま空港行く。よし。とりあえずこの港ターミナルは何時に開くのか、キャンセル待ちは何時からでどこに並べば良いのか、窓口で聞こう。
明日の1便2便満席だと聞いたのですがキャンセル待ちは、、、、。言い終わらないうちに窓口の人がパコパコパコッと片手でキーボードを打つと「あっ明日朝1便の1席だけいま空席出ましたよ」やはりリアルは強い!!!数分前にネットで確認した時は満席だった。この空席もおそらくネット上には出まわることなく自分のところにきたのだろう。やはり救世主メシアはいらっしゃるのだ!
なんとなくこの一件でとても救われたような気がした。ちょっと焦って切羽詰まってしまってたのでなにかとてもホッとしてしまった。

IMG_8843.jpg 

一件落着。
なにか美味しいもの食べに行こう。で今日も女将さんとこに泊めてもらおう。鮎川くんも欠航で戻ってきてるだろし宮城からの6人組という人たちも来てるかもしれない。それにしても強い風だな。ん?風が強い?・・全然一件落着してなかった。船の予約が取れただけで明日も船自体が欠航になったらダメですやん。お天気アプリで明日の”風の強”さと”波の高さ”を見てみる。欠航になった今とほぼ同じですやん。明日も風弱まらないですやん。んもう杞憂するのはイヤだ!船が出るかどうかなんかでいちいちビクビクして生きる人生なんてもうまっぴらだ。お金がいくら掛かろうがもう飛行機一本で行く。船は見切った。島の人から幾度となく聞いたことばを思い出す「飛行機はつよかね」こんな風でも飛んでくれる飛行機は強かね!飛行機最強!なんなら空港玄関前でワンカップ大関飲みながら徹夜してキャンセル待ちしたったるたい!


と、固い決意をしたが、
とりあえず今日最後の頼みの綱、最終便の飛行機のキャンセル待ちをダメもとでしに行く。自分の中では8:2で無理だと諦めている。しかしこういうふうに期待するのをやめた途端、事態が好転することもよくあるのを知ってる。なので8:2。

港からのリムジンバスで空港へ向かう。
昼の空港でのバスの件があるので運転手さんに空港からの折り返しの出発時間を聞いておく。このバスも客は自分一人。慣れましたよもう。
運転手さんの真後ろの席を陣取る。久しぶりにパンチ見たな〜、と運転手さんの後頭部をガン見してると
「飛行機乗ると?」はい、でもキャンセル待ちなんで呼ばれなければ折り返し帰ってこようと思って。「ああだから帰りの時間もね、でもこの飛行機乗れなくても最終便もう一本あるやろ?」いやこれ最終ですね。「いやあるとやろ19時台のやつ」いやなかとですよ。「福岡やろ?」いや長崎です。「あ長崎ね、でも福岡の方が飛行機大きかから乗るるんやなか?」福岡行きの方が大きいんですか?。「うん60人は乗れるんやなかね」それでも60人か〜。でもちょっとぐらっときた。金勘定しないなら、ここ五島から福岡までと飛べば、福岡ー仙台の直通便がある。それもひとつの選択肢に入れておこう
一つのことにグッと集中しちゃうと視野が狭くなって俯瞰できなくなる。ルートはこれしか無いと思ってたのに一回リセットして考えてみれば道はいくつもあったりする。

さきほどからパンチな見かけによらず狭い道を安全運転でゆっくり行く。
狭く曲がりくねった坂道が多い長崎の路線バスの運転手さんが日本で一番運転が上手いのではないか、と言っていたのを以前テレビで見たことがある。

空港に着き降りる時に運転手さんが「また帰りに声かけてみるけん」と言ってくれた。

ロビーには20数人の人がいる。このうち何組がキャンセル待ちなんだろうか。長崎からの飛行機が15分遅れてるというアナウンス。長崎からの飛行機が折り返し長崎行きになるのでこっちからの出発も遅れるだろう。
空席待ちの番号が呼ばれ始めた。"26番"。前の昼便は15番で終わったのにその間はごそっと諦めて居なくなったのだろうか?27番が居なくて”28番” "29番” が呼ばれる。呼ばれた順に1組づつ搭乗手続きをしていく。するとひょこりさっきのバスの運転手さんが現れ「呼ばれた?」と。いやまだです。「何番?」33番です、もうバス出る時間ですか?「いやまだ大丈夫。」

このとき気づいた、
運転手さんめっちゃ阿部四郎レフリーに似てる。 abeshiro.jpg

「なんかオレまでどきどきしてきたな〜、呼ばれるかな〜」バス大丈夫なんですか?。「うんもう少し」お客さん待たせてるなら大丈夫ですので行ってください。「うんあと3分」 いい人だ。

30番が居なくて ”31番” が呼ばれる。いよいよまわってくるか?31番は三人組の男性だった。
するとカウンターに居た職員の男性が「〇〇便長崎行きは空席待ち番号31番をもちまして定員に達しましたのでご了承ください」と大きな声で言った。やっぱだめだったか。確認のため係の人に、33番ですけどダメですね?乗れませんね?。と聞いた。「31番の方たちで定員に達しました。申し訳ございません」分かりました。と言い、待っていてくれた四郎さんに、やっぱダメでした行きましょう、と肩を並べて空港を出ようとした。すると「33番なんですか?」と三人組の男性のうちの一人が声をかけてきた。「僕たち機材が多くて1人は乗らないことになったのでもしかしたら乗れるかもしれませんよ」と。同時に先ほどの職員の人が私を探してる様子で「33番の方、乗れますっ!乗れますっ!」と叫んできた。急いでカウンターへ戻り搭乗手続きをするため並ぶ。32番は居ないのか?四郎さんもなぜか一緒にカウンターに並んでるw。あっバス大丈夫ですか?というと我に変えたようにあっ!といい戻ろうとしたところ、なんかいろいろ心配してもらっちゃってありがとうございました。「おお、乗れて良かったね。元気でな。またおいで」と最後はなんか親戚のおっちゃんみたいになって両手で握手をして別れた。搭乗手続きを済ませほんと乗れるんだ、と実感。保安検査所の前に先ほど声を掛けてくれた人がお仲間を見送っていたので、声かけてくれてありがとうございました、あれなかったら帰ってるとこでした助かりました。と礼を言った。

搭乗は飛行場に降りて乗り込む。
一瞬飛行機を見て足が止まった。こ、これ?台風なのに?
IMG_8852.jpg 
乗り込むと、通路を挟んで2席×2席が10列。40人乗りだった。
隣の席は先程声を掛けてくれた方のお仲間だったので改めてお礼を言った。

恐怖の離陸。音はすごいが安定している。

ふとお隣を見ると手に大きなバッテリーのようなものを二つ持っている。それにはシールが貼ってあり、某国営放送の九州の支社名が書いてあった。そういえば昼間の船が欠航になって港のターミナルビルで途方に暮れてたとき、カメラと機材を持ったテレビクルーらしき2人がマイクを向けてインタビューをしていた。その人たちだ。

IMG_8854.jpg 雲モクモク。

空港ロビーで空席待ちしてる時、四郎さんがやたら大きい声で「あれ何番だっけ」とか「33番か〜呼ばれるるかな〜」とか、先ほどの3人組を指差し「こん人たちこがんようけで待っとっとー?(この人たちこんなにたくさんで待ってんの?)」とか言ってたのが聞こえて、気を使ってくれたのかな、とも思い始めた。だって「僕たち機材が多いので1人乗らないことにした」という理由もよくわからない。荷物が多いと乗る人数を制限されるというのも聞いたことないし・・今回は他の乗客の荷物が多くてその機材を積めないから人も乗らないということなのか・・・
譲ってくれた、というのもありえない話ではない。もしそうだとしたらこれは四郎さんのおかげだし某国営放送の方たちのご厚意にも感謝である。


ほんの25分ほどのフライトだが意外にもその後も大きく揺れたりすることもなく安定して着陸。

 nagasakiair.jpg長崎は晴れてた。後ろの雲がすごい。


島のひとの言葉を思い出した。

「やっぱ飛行機は強かね!」


(T)







  1. 2018.09.24(月) _23:36:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

映画『カメラを止めるな!』

ただのゾンビ映画ではないらしい・・・と、評判の映画。

だったら私もちょっと見てみたいなーーーと、思っていましたら、なんと!近所の映画館でもやっているではありませんかっっ(゚△゚;ノ)ノ

しかも夜9:05 スタートの回がある(」*´∇`)」

で、昨日見てまいりました。


確かに良かったです、この映画。

前半の、不自然な間がなんだかなぁーーー(*`・з・´)と、思う気持ちが後半でとてもスッキリします。

知っている役者さんが1人もいないのが、かえって先入観なく見れてよかったですネ。


もう一度見るとさらに楽しめそうな作品でした(o‘∀‘o)*:◦♪



(S)


  1. 2018.09.21(金) _19:05:00
  2. 未分類
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>




PAGE
TOP